2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 科学産業博物館
2009年08月10日 (月) | 編集 |
チャイナタウンで腹ごしらえをした後は
シカゴ科学産業博物館(Museum of Science and Industry)です。
ここは子どもも面白い!とは聞いていましたが
なるほど、家族連れでいっぱいでした
(今は特別展示でハリポタもやってるしね)

入ったらすぐシカゴの町並みのジオラマ。

IMG_1889.jpg
向かって左のが建設中?計画中?のスパイラルタワーです。
ウィルスタワー(旧シアーズタワー、7月から名称が変わりました)を軽く抜く高さになるのですって
お次は潜水艦U-505.
潜水艦の実物は初めてだわ~
おっきいのねーー
IMG_1895.jpg
色んな体験コーナーをやってみる子ども達。
IMG_1903.jpg  IMG_1908.jpg

次は世界で始めて月の起動に乗ったアポロ8号
IMG_1909.jpg
操縦席がかなり狭い!
IMG_1913.jpg
あ~~昔は確かにこうやって海とかに落ちて(?)帰ってきましたよね~~
IMG_1914.jpg
宇宙服も当時のもの
IMG_1912.jpgここでも実験の子ら。IMG_1911.jpg

そして、子ども達待望の卵の孵化
じ~~っと観察しましたよ。
おかげで産まれるとこが見れました
IMG_1927.jpg

私が楽しみにしてた基礎科学の方は閉鎖してた。。ぐすん。

でもここは地下駐車場完備なので
(料金は$16。たっか~~!でも便利)冬にゆっくりきてもいいかもなーー。

小学生の子どもには最適な博物館だと思います。

次はフィールド博物館ですーちゃんでもみてこよっかなーー
(ティラノサウルスの骨格。頭蓋骨意外はホンモノ)







二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓



banner2.gif

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
すごく楽しそうな博物館ですねぇ♪
なぜか宇宙飛行士とかシャトルが大好きなので(ガンダムつながり?)
見たら大興奮してしまいそうです。
昔の宇宙計画って宇宙に打ち上げて即帰ってくる、とかですよね。
そう思うと技術の進歩ってすごいなぁ…。

2009/08/10(月) 09:12:03 | URL | ちい #-[ 編集]

こんにちは、えいと@です。

えっ! スパイラルタワーって! ホントにこんなスパイラルの形で建設されるんですか?
すごい~~~。
強度とか大丈夫なのかしら? 

潜水艦の中には入って中を見ました?
どこでだったかな? フィンランドの沖合だったかな。
潜水艦の中に入ったんですよ。
ものすごく狭くて、ランプが赤いんですよね~。
それが何ともいえない閉塞感なのですよ。
こ~んな狭い閉鎖された空間で、しかも海の底でしょう?
怖いわ~~~。
映画「Uボート」を思い出しちゃった。

  えいと@

2009/08/10(月) 12:37:16 | URL | えいと@ #-[ 編集]
ご無沙汰してます
ティラノサウルスのスーってシカゴにいるんですね
いいなぁ
実物見てみたいなぁ

こういう博物館大好きです
日本に帰ってからもチョコチョコ博物館に行きますが、手軽にいける距離じゃないんですよね~
アメリカの都会の博物館は規模が違って見ごたえ抜群ですね
2009/08/10(月) 15:29:24 | URL | M家 #-[ 編集]
ちいさんへ
ここは楽しいですよ。
ってアメリカの博物館って気軽な感じなのが嬉しいですよね♪
私もシャトルを見慣れてしまったので
アポロを見たとき
「あぁ・・こんなので宇宙に行っていたんだ」って思いました。
私はガンダムはだれがどのシリーズだったやら・・です。苦笑
途中からえ??アムロくんってどうなったんの?
とかワケ分かりません~~の世界です。笑
2009/08/10(月) 19:21:39 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
えいと@さんへ
そう。スパイラルタワーはその名の通りの形です。
すごいですよね~~
これで600メートルだったかな~~
2011年完成予定だとか。。

潜水艦はね、中を見るツアーはとっくに満員でしたわ。
そこまで言われると入ってみたくなった。。笑
私は閉所j恐怖症気味なので
怖く思うのかなーー
2009/08/10(月) 19:25:09 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
M家さんへ
お久しぶりです。
お子さん方、日本の夏休みを楽しんでますか?
今回帰った時、あぁ、、日本にいたらこんな夏休みだったのだろーなーって
思いました。
スーご存知なんですね。
なんでもよく貸し出されるそうですが。。
日本に帰ったら私も田舎に引きこもるので
こんな迫力のある博物館にはなかなかいけないでしょうね。
せめて子ども達にはちょっとでもいいから覚えておいて欲しいなぁ。。
2009/08/10(月) 19:27:49 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。