2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ナイアガラの旅7~インディアナのアーミッシュ村~
2009年07月11日 (土) | 編集 |
NY州、ペンシルバニア州オハイオ州を抜けて
お次はインディアナ州です。
このルートは(R80,90)は有料区間になるので
日本でいうサービスエリアが時々あって便利です。
それも各州で微妙に雰囲気と名称が違って面白い。
イリノイの場合はオアシスといいます。
インディアナのSAは、どこか日本のちょっと前のSAを思い出させてくれる
そんな作りでした。

IMG_1682.jpg

IMG_1683.jpg

お次の目的は休憩がてらアーミッシュの村に行く事です。
インディアナのElkhart近辺はアーミッシュが多く住んでいる事で有名です

っても、ずけずけと生活の中にお邪魔したのではなく(笑)
観光用のモールに行ったのですよ。
今回行ったのはコチラです
ご興味のある方はどーぞ♪

Das Dutchman Essenhaus

こちらはインディアナのアーミッシュのサイトです。
インディアナアーミッシュカントリー

ここのアーミッシュレストランで食事もしましたが
美味しかったですよ~~ただし持ち帰りができなかったのが残念(´・ω・`)ガッカリ・・・
IMG_1691.jpg
右端のドレッシングは子どもも気に入って買って帰りました。
こちらがメインデッシュ。
IMG_1692.jpg
ここによった目的の一つが家具!
IMG_1688.jpg
ココで買わなくてもネット販売があるのですが(サイズ、材木も指定できるところもアリ)
現物はオットに見せておきたいと思ったワケです。
IMG_1693.jpg
こちらトイレにあった (笑)椅子。
IMG_1694.jpg
接着剤など一切使っていないので木の香りのみです。

お次はキルト屋さん。
IMG_1689.jpg
専門店も勿論ありますが
このモールのあちこちで展示販売をしています。
IMG_1690.jpg
ところが、ここでもメードインチャイナの嵐で
専門店はさすがにそんな事は無かったのですが
「お土産物屋」では「これ安いな」と思ったらメードインチャイナでした。
ナイアガラとかなら分かるけどアーミッシュをうたっていて
それはないでしょ~~~~と思うのは私だけでしょうか????
確かにアーミッシュのキルトは
ご近所さんとかへの気軽な義理土産のお値段ではないと思うけど
中国産をあたかも「アーミッシュキルト」のように売るのってどうよ???

気を取り直して(?)
ここでは子どもがナイアガラ・オン・ザ・レイクでも乗りたがっていた
観光馬車に乗りました。
あちらは値段もさることながら所要時間一時間だったので
時間もないし、子どもに一時間は長くてあきるかな?と思って乗せなかったのです。

こちらは20分で一人$5.
アーミッシュのおじいさんが馬車を引いてくれてガイドもしてくれます。
なので写真はなし。
(アーミッシュは写真を撮られるのを忌み嫌います)

子ども達の感想は
「ホントにお馬さんってパッカパッカって歩くんだねー」
でしたヽ(´∀`)ノハハハッ

長々と書いたナイアガラ旅行記でしたが
読んでくださってありがうございました。(o´-ω-)o)ペコッ
今回は諸事情もあって移動は長かったけど
車で良かったかな。と思いました。
(気ままにワイナリーめぐりもできたしね)

私の周りではナイアガラへは車派の方がちょと多いかな?という感じですが
それは各人の旅行スタイルの考えだと思います。

さあて、、、今度は帰国準備だ
(`・ω・´)ノ オーッ!!


二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓



banner2.gif







スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント

こんにちは、えいと@です。

おーアーミッシュ! いいですね~。
この独特の雰囲気、けっこう好きです。

アーミッシュのレストランってお持ち帰りが出来ないのですか?
なんででしょう? 理由があるのかな?
家具はいいですね~。こういうタンス、欲しいなぁ-。

しかしアーミッシュでメイドイン中国は…ちょっとやめてほしいですよね。
ホントにどこにいってもメイドイン中国の嵐ですよね~。
どうにかならないもんでしょうかね。

  えいと@

2009/07/11(土) 11:34:27 | URL | えいと@ #-[ 編集]
こんにちは
アーミッシュのまちって、有名だけど行ったこと無いです。
そのうち一度くらい行ってみたいな。

しかし、made in China、そんなところまで!
やっぱり安さには勝てないのかな。
でもおね太郎さん、えいと@さんに全く同感です。
・・・買い物大好き(節制って事を知らないんじゃないかと思うくらい)のアメリカ人が相手だから、なんだろうか。こんなものどうするの?っていうやすーいものをばんばん買いますもんね・・・

2009/07/12(日) 16:55:55 | URL | moi #f/e9WUoU[ 編集]
えいと@さんへ
お持ち帰りができないのはちょっとショックでしたね~~
あわよくば夕食も・・って考えてオーダーしちゃったし。苦笑
多分、保存剤を使用していないからとかだとは思うのですが・・・。

アーミッシュも今回のは観光地といえばそうなんだけど
キルトも「あ!安い!でもへた~~。下手だから安い??」
と思ったら中国産なの。
カンベンしてよーーって気持ちでしたよ。

おそるべし中国です。。
2009/07/12(日) 19:46:20 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
moiさんへ
アーミッシュって私は結構好きです。
色んな側面は今は沢山あるのですが
それでも自分達で受け入れる文明は受け入れて
伝統も守っていく・・という姿勢がスキですね。

そう考えると違う意味でアメリカ人の使い捨て文化も
そうなのかもしれないけど
これは「・・・」の時が多々ありますね。
2009/07/12(日) 19:50:57 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。