2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 負けた・・・
2008年08月28日 (木) | 編集 |
昨日の娘英語レッスンの宿題で
「土曜日は何をする(のが好き)か?」
とあって、娘は「日本人学校(補習校)に行きます。って何て書くの?」
と聞いてきました。
なので、I go to Japanese schoolと紙に書いてやりました。
でね、娘がちゃんと書けたか?と見てみたら
I go to 『the』 Japanese school
とちゃあんとtheが入っている・・・。
く~~~~負けた
この場合は定冠詞のtheをつけるのが正解でしょう。
私は不定冠詞(aとかanね。)もつい忘れてしまします・・。
日本語の「てにをは」と同じくこれって学習として、なかなか身につくものではなく
経験と慣れなんでしょうか・・
娘はしっかり分かっていたようです。
母ちゃんちょっと悔しいぞ。苦笑

前日はピアノだったのですが
なにやら折り紙の裏に書いてある。しかもひらがな、カタカナの混同で。笑
DSCN2185.jpg

ん~~~ドドソソララソ???
はい。「キラキラ星」でした
先生によると「自主トレでしょ。笑」だそーで。
ちなみに「ドレミ」はイタリア語なんだそーです。
アメリカではABCですが
これも色んな単位と同じく(オンスとかフィートとかね)
アメリカ独自のもので音大など専門の学校に進むと「ドレミ」に変わるのだそうです。
医療系も大学になったらリットルとかメートルに変わるらしいのですが
これって面倒じゃないのか?!
うーん。。分からないぞ、アメリカ。。

二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓



banner2.gif


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
日本人は不定冠詞になれてませんもんね~
子供の頃に,父に 日本人は農耕民族だから,もともと数にはうるさくないんだよ~
それに比べると米国では牛や馬の数が大事だから,英語では不定冠詞がだいじなんだよ~
と教えられました・・・ホントかしら?
でも納得!の理由だったので,覚えやすくなりました.

2008/08/28(木) 10:23:00 | URL | のりこ #-[ 編集]
おおお~娘さんやりますね~~!!
私も全然ダメです…
オンスも慣れません~
買い物に行っても、表示がオンスだったりポンドだったりはたまたグラムだったり…
どれがお買い得なのかわからないまま買って損してます(><)

2008/08/28(木) 11:42:48 | URL | みん #-[ 編集]
のりこさんへ
少なくても私は冠詞は苦手・・というか
忘れますねぇ。苦笑
なんとなーくTheはマッチョ化するってイメージくらいかな~~
英語の道は険しいです。ぐすん
2008/08/29(金) 09:02:24 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
みんさんへ
あ~~単位はわかんないですよぉ~~
これはね、アメリカにきて長い人も慣れないっておっしゃてますねー。
私なんか手に持って自分の感覚ですわ。
ときたま電子辞書の単位換算でやってます。ギャハハハ(≧▽≦)
2008/08/29(金) 09:04:45 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。