2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 野球観戦
2008年07月05日 (土) | 編集 |
独立記念日の昨日は野球観戦に行ってきました。
シカゴにはカブスとホワイトソックスの二つのチームがありますが
有名なのはカブスですが、ウチはホワイトソックスの方に行ってきました。
なぜなら、チケットが安いから。笑
私は野球の事はぜ~んぜん分かりませんので
どっちでも良かったんです。
(一応、一通りのルールは知っているかな?
でも娘に質問されて、答えられないのもありました。苦笑)

娘がギプスのため、メインゲートから優先入場です。
いくら人気のないホワイトソックスとはいえ、祭日なので
かなりの人が並んでました。
ラクしてすんません。でも許して~~って心境でしたよ。
DSCN1897.jpg



興味のないワタクシ、遠いとはいえ真正面の席で驚きましたが
オットいわく「こっちは外野席の方が高いんだよ」と。
そーなんだ。。
DSCN1904.jpg


試合前にはFourth Of July(日本ではIndependence Day、独立記念日の方が通用するかな?)
だからか軍隊のパレードがあったり、飛行機が飛んだり
結構派手でした。
DSCN1903.jpg

すごいよなー。
スタンディングオベーションなんだもん。
日本では自衛隊って聞くだけで顔をそむける人も多いのに。
余談ですが、日本でカーレースを見に行った時
自衛隊のマーチングバンドがあったときがあって、
自衛隊のブースでは「自衛隊にご理解ください」と
制服を着た方がパンフレットを配っていたのを思い出しました。
どちらが正しいとか、間違っているとかの論争はここではいたしませんが
この感覚の違いって・・と私なんかは思ってしまったわけです。


話がそれましたが、試合はホワイトソックスが負けました。
「ふーん。やっぱ弱いよねー」と言ったら
オットは
「今年は結構強いよ」だそーで。
興味がないとこんなもんです。笑

追記
シカゴにあるメジャースポーツチームはこちらです。↓

シカゴのメジャースポーツチーム

二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓



banner2.gif





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ついに行って来られたんですね
お天気もよさそうだし、よかったですね~
ホワイトソックスというチームは初耳です
実は私も野球はそんなに興味があるわけではないのです
でも、通っているうちに、選手の名前を覚えてくると少しずつ楽しくなってきました
今度はカブス戦!観戦してくださいね
2008/07/05(土) 11:03:47 | URL | M家 #-[ 編集]
こんにちは、えいと@です。

アメリカって靴下が好きなんでしょうかね?
だって…レッドソックス、ホワイトソックス…って!(爆笑)
15ドルで真っ正面の席は良かったですね~。
動きがよく見えたことでしょう。

>日本でカーレースを見に行った時 自衛隊のマーチングバンドがあったときがあって、
>自衛隊のブースでは「自衛隊にご理解ください」と制服を着た方がパンフレットを配っていた

そんなことがあったんですかー。
何で日本人は自衛隊に拒否反応を示すのでしょうね?
地震があったら自衛隊が駆けつけて救助をしてくれるのに。
海上も自衛隊が守ってくれているのに。
もし自衛隊がなかったら、日本はどこかの国にとっくに占領されちゃってますよ。
えいと@は日本の国を守るために、もっと税金を使ってもいいと思っています。
国を守る=戦争…ってすぐに結びつけちゃうムードがあるけど、
そんなことはありませんよね。
自国を愛し、自国を守らなければどうなってしまうのか…。
日本人はもう少し考えないといけないのではないかな…って思います。☆

 えいと@


2008/07/05(土) 13:11:20 | URL | えいと@ #-[ 編集]
M 家さんへ
あはは。ご存知なかったですかぁ?
追記でシカゴのスポーツチームを貼り付けてきました。
メジャーではカブスとホワイトソックスで、
マイナーリーグではどこにも所属しない独立リーグが
ウチのすぐ近くにあって、メジャーをめざす日本人の若者もいるみたいです。

カブスは・・ねぇ・・
チケットの値段が違いすぎて私が行くには勿体ないかな?
こちらは一席15$なんですよ。笑
2008/07/05(土) 17:37:52 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
えいと@さんへ
レッドソックスって松坂の??
すんません。ホントに野球は疎いんで。。苦笑

軍隊は私も同意見です。大きな災害があったら
自衛隊の力は必要です。
だからこそあの中国だって、地震の救助をノウハウのある
日本を受け入れたのでしょう?
ひたすら小さくなっている自衛隊(この言い方も好きじゃないけど)
スタンディングオベーションのアメリカ。
どちらも国の政策はともあれ、
兵隊として国を守っている誇りは尊重されるべきだと思います。
2008/07/05(土) 17:42:17 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。