2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 イリノイ南部とインディアナポリスの旅2
2008年05月27日 (火) | 編集 |
今日は昨日の記事から続いてのスプリングフィールドです。

ミュージアムで「リンカーンハウス」のビデオを見た娘は絶対行きたい!
といったものの、その日は雷雨にも時折なるあいにくの天気・・・。
でも私も行ってみたくなり、雨の合間をぬって向かっていきました。

「リンカーンハウス」のあるところは
リンカーンの家歴史地区となっておりまして
リンカーンハウスと共に当時の町並みが再現されています。
お天気がよければ、ゆっくり散策したかったところですが
とりあえず、ビジターセンターに行ってツアーの申し込みをしました。
リンカーンハウスはこのツアーに参加しないと内部を見ることはできません。

ツアーの時間までリンカーンハウスの前にある「ディーンハウス」で
リンカーンハウスに関する展示を見ました
DSCN1658.jpg


時間になっていよいよ「リンカーンハウス」の見学です
DSCN1667.jpg

初めは一階だけの小さな家だったそうです。
内部は当時の姿ができる限り再現されているそうです。
写真がぶれていますがお許しを~~
DSCN1659.jpg


2階の寝室ではリンカーンが使った机があり
「リンカーンは長身だったのにやけに小さい机を使っていた」
とレンジャーがジョークをとばしました
(数少ない私がわかった英語の説明です・・・)
DSCN1660.jpg


こちらは洗面所です。
鏡が入らなかった。。
これもリンカーンは長身だったので高い位置に鏡がつけられたのだそうです
DSCN1662.jpg


そして、また一階におりてキッチンです
私は「ハウルの動く城」を思い出したのですが
赤毛のアンなんかでも出てきそう。。
DSCN1666.jpg

アイロンって当時はこうなっていたんですね~~
知らなかった。笑

ツアーが終っても雨が止むことはなく
本当はお墓や当時の州議事堂にも行きたかったのですが
あきらめました。

今回はたまたま宿がスプリングフィールドだったので
何も考えずフラリと回ったのですが
街自体が小さいので、お天気が良かったら歩いて色々見たかったな~
と思わせる場所でした。
そしていかにアメリカ人がリンカーンが好きで誇りをもっているのかも
客を見ても働いている人を見ても、よーく分かりました。

次は子ども達がもうちょっと大きくなったら
ワシントンDCとかけて旅行したいな~とオットと話したのでした。
DCはともかくここは日本からはなかなか来ないでしょうからね。苦笑


二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓


人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
リンカーン、ESLのクラスで取り上げたことがあります。
もともと貧しい生まれで学校もろくに行けなかったとか。。
よくぞ大統領まで上り詰めたって感じですよね。
そんなところがカリスマなんでしょうか?
キッチンにあるのはパンケーキとベーコンですよね?
アイロンに奥にあるのは一体?
なぜかノリをまく前のおにぎりに見えるのですが…(絶対ない)
肉まんにも見えます。。
2008/05/27(火) 14:34:56 | URL | ちい #-[ 編集]
こんにちは、えいと@です。

こういうアメリカのツアーに行くと「あ~英語がちゃんと聞き取れたらもっと楽しいのにな~」って思います。
あとで夫が「こういう説明してたで」って教えてくれるんですけど、
その場で理解でしたらなお楽しいでしょうね~。
…何て言いながら、英語の学習に身が入らないあかんたれな えいと@ですぅ~。

リンカーンハウス、いつか行きたいなっ!
こういう昔のおうちを見るのって大好きです。☆

 えいと@
2008/05/27(火) 19:45:27 | URL | えいと@ #-[ 編集]
ちいさんへ
リンカーンの生まれた小屋はホント粗末なものでした。
これもアメリカンドリームなのでしょうかね?!
南北戦争の事を見入っているアメリカ人も沢山いましたので
南北戦争も関係しているのかな?とは思いますが・・・。
アイロンの奥のはマフィンかスコーンじゃなかったかなぁ??
2008/05/27(火) 21:10:19 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
えいと@さんへ
ホント、こういう時の英語の壁って悲しいですよねー。
次に行くときはもうちょっとマシになっていたいものです・・・。
その上に我が家の場合、わけのわかっていない息子がすぐ飽きるし・・・(ノдヽ)エーン
リンカーンハウスの周りは雰囲気ありましたよー。
こういうのにアメリカ人は郷愁を感じるのかな~と思いました。
私も改めてじっくり見学したい街ですよー。
2008/05/27(火) 21:13:26 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。