2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 新学期
2007年04月10日 (火) | 編集 |
幼稚園の新学期が始まりました。
下の子は進級したのが分っているのか、いないのか・・
3月まで上の担任が今回、下の担任だから
私までごっちゃになりそうです

今年度は新卒の先生もいらっしゃるようで
春だな~と思います
いいよな~一生懸命な姿。
私には絶対戻れない(元からか?)過去だな
幼稚園の先生もある意味親御さんとの戦いなんだろうな。
尊敬します
でも「皆で手をつないでゴール」とか
「皆が主役の発表会」ってどうなんでしょうねぇ。
私達夫婦は反対です。
娘はトロいけど(笑)それで一番じゃなくて
可哀相とか思いませんけどね。
幼児のうちは「走るのが楽しい」でいいのじゃないのか?
と思ってます。
失敗したって怪我したって親が受け止めれば良いだけの事。
それを幼稚園や学校の責任問題にするのは
どうしたものでしょう?
娘は3回大きな怪我をしていますが、
その時改めてじっくり向き合って成長が分りました。
ウチは年子に近く、頼れる実家も近くないので
こんな時でもないとじっくり向き合ってなかったのかも?
今回渡米にあたり
スグ入学になる娘のストレスは相当のものと思います。
だからこそ過去の怪我で向き合ってきたってのは
私達母子にとっては意味があったのだと、
今になって思います。
テレビじゃないけど、「偶然じゃなく必然。すべてが意味のある事だった」
と今実感として感じています。

だから新人の先生も
大きすぎる責任や、反省とかをしょいこまないで
欲しいと心から願います。
勿論、人生反省も時には必要なんでしょうけど。苦笑
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。