2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 これも性格の違い??
2011年02月27日 (日) | 編集 |
昨日は補習校今年度の最終本の貸出日でした。
次は4月になるので今回は3冊借りれます。

でね、息子はいつも同じなので
「違うのを一冊くらい借りてきなさいよ」
といったのに、またまたやりやがった

004_20110228003219.jpg

「かいけつゾロリ」三冊・・・。
ゾロリが悪いって言ってんじゃあないのです。
ここ数ヶ月ずーーーっとこればっか・・・

息子いわく
「どこに何あるのかわかんないもん」
うそこけ。早く遊びたくて(おしゃべりしたくて)選ぶ時間がもったいないんでしょ!?


逆にまじめな娘、
現地校で借りた本の日本語バージョンを借りてきます。
現地校でも毎週簡単な感想文の宿題が出るのですが
英語はまだまだ単語が分からないこともあって
日本語で確かめているようです。
確実な直訳ではないにしろ
話の流れはつかめますからね。
(って私もいっしょにやっていたりする。苦笑)


これをするようになって娘の読解力は
英語、日本語ともに伸びました。

以前
「英語でも日本語でも弱点は同じ」
と先生に教えていただいた事があったのですが
これはまさしくそうですね。

息子よ、ちっとは姉ちゃんを見習いなさい・・・。



二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓




banner2.gif

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
お嬢さん、すごいっっ
一番上の本をみて、もしや?と思いましたが えらいですねー。
そうそう、多分そういうのが一番確実に「自分の中の語彙」を増やし読解力や作文力なんかを引き上げてくれるんでしょうね。
補習校に通わせているご家族のくろうは相当なモノだと思うのですが、それでもこういう風に自分で解決策を探していけるおね太朗さんのお嬢さんとか見ると 羨ましいなぁと思ってしまいます。

あ・・・でも「男の子」は男の子で! うちも学校から借りてくる本はずーっとDr. スースだったり 苦笑 なんでこんなに違うのかとガックリしますが まぁ仕方ないか・・・

おね太朗さんのところの二人はまるで、ウチの子供達を見てるみたいでおっかしいです。(他人事になってるぞ、こら)
いや、きっと男の子はみんなそんなもんなのじゃないかな・・・と思いたい。苦笑
2011/02/27(日) 19:20:22 | URL | moi #-[ 編集]
これねぇ、娘が自主的にやりだしたの。
我が娘ながら「すごい」と思いました。
だからNYCのブックオフでも買わされたけど文句も言えない。笑
先生にも確実な方法だって言われました。

補習校はですね、シカゴは特に恵まれているのです。
バスはあるわ、アメリカ国内有数の蔵書ですし
建物も自前ですので間借りの苦労もないのですよ。
先生も日本での教師経験がある方も多いですし・・
(小規模校だと親が先生をしたりします)

そうそう!おっしゃっていた日本の本の定期購読
LAのミツワの三省堂さんは?
こちらの店員さんに
「ユタならLA店が確実です。送料も多分安いはず」
と教えて頂きました。
http://www.mitsuwa.com/
良かったらどうぞ♪

男女の違いはですね、、
友達で同じ
姉弟で二歳違いでウチの二つ上って家庭があるのですが
これがもう確実に「ウチの二年後」です。爆笑
だからほぼ悩みも同じだと思われますわ。笑
2011/02/27(日) 20:45:38 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。