2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 鮭とサーモン
2011年01月25日 (火) | 編集 |
 001_20110125231457.jpg

日曜の朝ガレージを開けたら郵便箱が綺麗に倒れてた。
実は旅行から帰ってきたとき、すんごい斜めになっていて
誰かぶつけた?と思っていたら
数日後直しにきて穴(?)にレンガみたいなのを詰めていたから
逆にパッキリ!と折れた?
昨日業者と思われる方がきていたので、今日くらいには直るのでしょうが
郵便屋さん、昨日はこの状態で郵便物を入れてくれてました。笑



さて、昨日友達に聞いたのですが
お子さんが「綿=コットン」「絹=シルク」ってのがつながってないと。
これはバイリンガルの子どもだと多々あることのよーでして。。。

分かりやすく言うと
私なんかは「ツナ」と言われると
マグロではなく缶詰(シーチキン)のイメージ。笑
(正しくは間違いでもないけど、ツナ缶だけがツナじゃないって感じ?)

この話で思い出したのが
娘の「サーモンと鮭」
サーモンはサケ科の一部の魚に対して呼称される英語。
なんだそーですが、
娘いわく
鮭  おにぎりの具、塩焼き、ふりかけ
サーモン 刺身、グラタンなど洋風(?)の料理
なんだそーで、あながち間違ってない?間違ってる?笑

オットいわく
日本近海でとれたのが鮭、欧米だとサーモン。
んなわけないって!!爆笑

サケとマスの違いも
海で暮しているか湖、川などの淡水に暮しているかの違い
という説もあるそーですが、はっきりとした定義はないそうです。

きっと娘の頭の中では
サーモンと鮭は別の魚なんだろーな。

トロとマグロ(赤身)も違うと思ってるし。笑

あっ!ワタクシ、北陸の出身ですので
ブリとハマチは使い分けます。
あと、セイコ蟹をずわいで売っているのをみると
許せませんね。
↑自慢にもなんねー。爆笑


二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓




banner2.gif

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。