2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 またいい加減な事を・・・
2010年10月05日 (火) | 編集 |
娘の補習校の宿題にインタビューってのがありまして
先週は私がしたので
「今度はお父さんにしなさい」
と申し付けました。

できたのを見たら・・・
001_20101005222706.jpg
 
好きな動物は?

ぞう

理由は?

大きいから



・・・・いい加減に答えたなーーーー
この話は土曜日でして
40キロ走った後とはいえ、答えるだけなんだから
ちゃんとしてやれよーーー

これは授業参観で発表になるよーでして
我が家は二人とも同日同時刻なので
オットには娘の方に行っていただきましょう。(。-∀-)ニヒ♪


もう一つ写っている計算ドリル。
私の方が答え合わせに苦労してます。
だって面倒なんだもん。(つω`*)テヘ

算数は別のドリルとプリントもあって
こんな事やっていたら現地校の宿題は楽勝だわね。笑

補習校の宿題のピークは3,4年生なんだそうでして
これでピークだったら
高学年だと全然足らないんだろうなぁ。
なので塾に通い始める子も多くなるようです。

頭の痛い問題だわ・・
懐も時間もね。

二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓




banner2.gif

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
うわあぁ、この宿題(ドリルね)結構大変でしょうねー。これ以外もあるの???絶対私が先に音を上げます。
好きな理由、大きいから、には笑います。
うちのダンナもそんなかんじー。

塾って、日本の学校を対象にしての、ってこと?
さすが大都会・・・でも大事だろうなー。
どんどん差が付くばかりでしょうしね。

たとえこちらで良い成績でも 実際日本の受験で求められることはかなり違うでしょうね。
帰国子女枠がどんなものかはちゃんと知りませんが。
でもやっておかなかったら、学校が始まったら苦労するのは目に見えてますよね。

アメリカで良い成績をとっている子供に「日本の大学に行けるかな?」と聞かれると 「まずその質問を日本語で言って、丁寧語を使って書いてごらん」って言いたくなっちゃう私って・・・苦笑 やなおばちゃんですねぇ。
2010/10/05(火) 10:50:13 | URL | moi #-[ 編集]
moiさんへ
うふふ。
これは算数だけで同量くらい国語と音読と日記があります。
昨年はこれ以上に現地校の宿題がてんこもりであったのですよ。
それを考えると楽勝なんです。

> 塾って、日本の学校を対象にしての、ってこと?
> さすが大都会・・・でも大事だろうなー。
> どんどん差が付くばかりでしょうしね。

そうです。上級生になって中学受験とか高校受験とかなると
補習校では足らないそうです。
あぁ。。おそろしや・・・

帰国子女枠は大学受験の方がやさしいと聞きます。
高校の場合、我が家が戻る県の公立だと
帰国して一年以内しか使えないそうですよ。


私個人の考えですが、日本人として中学か高校の三年間は
日本の学校がいいと思ってます。
なぜなら勉強だけではなく、ものの考え方、日本人的な「常識」
って勉強だけでは身につけられないものが
経験できて失敗も許されるのがこの年代だと思うからです。

子育ては考えることばっかですよね。苦笑
2010/10/05(火) 20:34:44 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。