2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 フランス語?英語?
2010年06月21日 (月) | 編集 |
モントリオールはパリに次ぐフランス語圏の都市です。
市街地はいたるところで英語&フランス語併記の看板がありました。
(ケベック州の公用語はフランス語)
モントリオールの特色として
市街地から西方面が英語が強く、東はフランス語圏という住み分け(?)ができているそうです。

私の感想としては
「フランス語主体。でも英語もだいたい通じる」といったところ?
プレイマックも英語&フランス語
214.jpg

北米全体が英語圏なのに、これでは浮いてしまうのも仕方ないか・・とさえ思います。

事実1982年に制定されたカナダ新憲法もケベック州のみが批准しておらず宙ぶらりんの状態。
不況になると独立運動が盛んにもなるそうで。。
フランス系住民も言わんとする事も分からないではないけど
もし、日本の一部だけに違う言語の『国』をおこそうと運動されたら
私だったら嫌だと思う・・・

そーんな中、元気なのはやっぱり
128.jpg
中華街。
殆どが中国語の世界。
(たまに日本語あり。笑)

好き嫌いが分かれる中国ですが
このパワーはすごいと思います。

でも一部の東南アジアの国のように
政治的、経済的に国の実権を握られるのは嫌だけどさ。





二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓




banner2.gif

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
同じ国で公用語が違うってちょっと不思議な感じですね~。
他民族国家って言葉の扱いに関しても色々難しそう。
アメリカも国としてオフィシャルに英語が公用語とは制定されてないんですよね…
州によっては「英語のみ」と明記されているところもあるけど、その辺は政治とかもからんでくるだろうし。。
台湾も公用語は「中国語(北京語)」と国民党によって定められてますが、電車やらは「北京語・台湾語・客家語(別の民族)・英語」と実に4言語もアナウンスされます。
小さい国だけど少数民族もたくさんいるので面白いなって思います。
2010/06/21(月) 09:31:01 | URL | ちい #-[ 編集]
フランス語が使われる、とは聞いていましたが、「使われる」の前に「専ら」が必要なんですね!すごい・・・
↑ちいさんのコメントの、公用語のはなし、ビックリです。そーだったんだ・・・しらなんだ。だからあんなにスペイン語が普通に使われるの?(あ、それは話が別ね。。。)
言語って、文化を担いますよね。私が子供に日本語を忘れて欲しくない理由です。そしてモントリオールにはそう考えるフランス語圏の方が多いって事なのかな。

中華街! 笑 確かにどこでも活気ありまくり、ですね。
あの看板、ネオンからでさえ、パワー放出されてるもの。
日本なんて、可愛い、かわいいっておもいますよねー。
2010/06/21(月) 18:19:29 | URL | moi #-[ 編集]
ちいさんへ
今回の旅行は「多民族国家」の難しさを実感できましたね。
いや、日本も決して「単数民族」ではないのですが
少なくても私の普段の生活で意識はしていなかったから・・。

> アメリカも国としてオフィシャルに英語が公用語とは制定されてないんですよね…

そうそう!不思議なようでそうなんですよねー!


> 小さい国だけど少数民族もたくさんいるので面白いなって思います。
台湾は確か部族によっても言語が違って
お年寄りなんかは「共通語」として日本語を使うって話を
読んだ事があります。
民族問題ってのは本当に奥が深いものですね。
2010/06/21(月) 20:36:43 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
moiさんへ
同感です。
言葉は文化です。
だからこそユダヤ人はその両方もなくさなかったのでは?と思います。

モントリオールはね、ガイドブックにも書いてありましたが
「完璧なバイリンガル、トリリンガル」はやはり少ないようです。
私たちが道を聞いたりした人なんかも
「英語圏に旅行に困らない程度」じゃないかなー?と思ったのですが
(これはあくまで、カンですが・・)
スーパーなんかも、とりあえず英語は通じるけど
(水はどこ?など)
返ってくるのはフランス語だったり
(もっとも私の英語にも大いに問題ありなんですが・・恥)
マックはオットが普通に頼んだら全然英語が数字すら通じなくて
「こーゆーのは単語だけがいいんだよっ!」とエラソーに
単語&数は指であらわした私の方が通じたり(爆笑)
の世界でしたわ。


あぁ、、日本では簡単にいわれるバイリンガル教育って深いです・・。
2010/06/21(月) 20:43:28 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。