2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 授業参観
2010年05月22日 (土) | 編集 |
本日は補習校、息子の親睦会(親の顔合わせ)&娘の授業参観でした。

今日は2~4年生の授業参観で一年生は親睦会が多く
その上役員会もあったりして
結局一日補習校って方も多かったと思います。

知り合いのお子さんが3人のご家庭は
朝イチで親睦会、続いて授業参観、午後からまた親睦会ってパターンでして
「一日で終わるからいいわよ」とのお言葉。笑

さて、本題の授業参観。
つまずく子は3~4年生あたりから・・って意味がよーく分かった。
難しくなるもんね~~
その上「ゆとり教育廃止」で算数なんかは、かなり4年生から繰り下がってくるそう。。
補習校は授業数を増やせないし頭が痛い問題だわ・・・(o´д`o)=3



娘、黒板にある「時計問題」が苦手です。
現地校では早くからやっているけど
日本のように

5時17分から50分後は何時何分?なぁんて問題はやらないもんね~~~~
あっても「アバウト」でいいし。笑

ここでつまずいたら大変なので頑張っておくれ(≧∀≦)ノフレ───ッ






二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓





banner2.gif

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんにちは~

暫く前に、子供達にやらせている通信教育の会社から「新3年生の移行措置対応教材」なるものが届き(読んでいない。。。ああ、私って。)、???と思っているうちに、数段難しくなった月刊テキストが届き、娘は半泣きです。「何いってんの、これくらいの量をやれなかったら、日本に行ったら'また'落ちこぼれよっ」とやらせてますが、まぁアメリカじゃやらない細かさ(私は良いことだと思うが)、こっちの授業になれたらびびりますよね。

補習校も大変ですよね・・・・私は娘一人を半日叱り飛ばしていればいいけれど、30人とかのクラスを教えるんですから。受ける方も大変だろうな。
両方、ちゃんとこなしているおね太朗さんのご家族、尊敬します・・・
2010/05/23(日) 11:28:38 | URL | moi #-[ 編集]
moiさんへ

そうなんです。教科書も移行措置用ってのが別にあるのですよ。
特に3,4年生の国語算数が増えたようです。
理由は5年生から英語が入ったから。
だから帰国したら逆にラクになるのかな?とか考えてますけど・・・。

補習校は一クラス30人もいないのですよ。
3年生は1クラス減ったので25人くらい今はいますが
去年の娘のクラスは15人切ったんじゃないのかなぁ?
だから、ある意味日本より良いのかも?苦笑
授業参観が終わってオットと話していたのですが
この内容で、日本は下手すれば40人とかを先生一人でしょ?
落ちこぼれる子はどうしても出てくるよねって。
こちらの学校みたいにリテラシーコーチなんて聞かないし・・

算数は絶対日本式の方がいいと思います。
州のテストなんか娘トップクラスだもん。笑
アメリカ人の子はできる子はできるけど
分かっていない子は基礎すら怪しいですよね。
引き算をナンバーグリッドだっけ?数字の表みたいなの?
あれで数えていくんだもんね~~
ウチの子は
「そんなもん使うなっ!日本人は頭の中で計算しろっ!」
と私に言われてます。爆笑
2010/05/23(日) 14:38:05 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。