2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 割り切れない「自己責任」
2010年04月17日 (土) | 編集 |
今日から補習校が本格始動です。
昨年は幼稚部は4月は午前のみでお迎えだったので
すんごくあわただしかった覚えがあるのですが(笑)
今年はもう2人とも平常授業です。

・・と気を抜いていたら
娘の宿題に「ひとこと日記」という毎日の日記の昨日のを忘れていたことが発覚!
「ひとことなんだから、ご飯食べたらさっさと書きなさいっ!」
「え~~何かけばいい?」
「だーかーらー、、一言なんだから昨日TVを見ました。とかでもいいんでしょ!」
「・・わかった」
それから10分後
「まだ?」
「ん?今いろ塗ってるの~~」←モチロン絵日記ではない。枠の色をチマチマ塗ってました・・。
・・・。早く着替えてくださいっ!

あぁ・・朝から疲れる・・(o´д`o)=3

現地校の方は月曜日は遠足でして
行き先はレゴランド。
昨日のお便りで
「お土産を買いたければ『自己責任』でお金をもってきてもよい」
との事。
うーーーん、でも行き先が行き先だから
1~2$であるとは思えないし・・・。
かといって皆が買い物して娘だけないのも可哀相だし・・
とあくまで日本人的発想の私。笑
オットはかる~く
「$10くらいはないと足らないでしょ?」
・・・そういう問題か!?

あと、この遠足、ランチでも二転三転しまして
「結局どうなのよ?」という声も。
アメリカ人のお母さんは
「先生はちゃんと変更は手紙を出しているのだから、読まなかったら親の責任」
と、ま、正しい意見でした。
でもね~~先週私やっちゃったんですが
補習校のお便り(モチロン日本語です)を読んだ「つもり」だったのが
一行すっとばして読んでまして
「え??まだ読んでないの?」と友達に指摘されました。(;^ω^)
いや、これは私が悪いのですよ。
でもね、人間はミスをするもんでしょ?
だから「子どものお弁当がなくても自己責任」ってのは
すんなり納得はできませんでした。
泣くのは親じゃなく子供ですから・・・。
先生を責めるとかではないですよ。
ましてや、この「自己責任」と言ったお母様を責めているわけでもありません。

こちらが、あくまで日本人的感覚なのはわかってます。
ただ皆が『楽しい遠足』であって欲しいだけです。

なので、ある方と相談して
一応念のため日本人家庭で連絡できるとこにはしておきましょうか?と
なりました。
「自己責任」という言葉、アメリカ人は好むようですが
私はやっぱり(良くも悪くも)和の国の人間なんだなぁとつくづく思ったのでした。





二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓




banner2.gif


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
一時期(今も?)日本でもやたら「自己責任」って言葉が流行りましたよね。
何だかそれこそミスした人を責め立てる意味で使われる場合が多く
わたしはそのせいかあまり好きな言葉じゃありません…。

アメリカだと思いがけず訴訟起こされたりもするから
責任がどこにあるかをはっきりさせておきたいお国柄のかな?
学校も「うちは責任とりませんよ」って最初から宣言してるというか。
ちょっとした気遣いでみんなが楽しく遠足に行けるならそれが一番だと思います!
日本のそういう心、わたしは忘れたくありません!
2010/04/18(日) 09:55:44 | URL | ちい #-[ 編集]
ちいさんへ
自己責任ってかっこいい言葉かもしれないけど
危険ですよね。
例えば年金なども払わない若者が増えていますが
「国なんてあてにならない。自己責任で」といいますが
20代で何十年後の事を考えて貯金している人がどれだけいるでしょうか?
若者だけでなく今60過ぎでそういった出てきていますけど
私の知る限り「子どもに頼っている」人が多いです。

自己責任=自分の事だけを考えればいい。ではないはずなんですよね。
1%の思いやり、気遣い、それがあれば
随分違うような気が私はします。
2010/04/18(日) 16:47:23 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。