2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 親がはまった、マンガ偉人伝
2010年04月15日 (木) | 編集 |
先週、友達の家から借りてきたマンガ偉人伝。
こちらね↓
DSCN3303.jpg
この中でベル博士が出てきて
(ベル博士は元々は聾唖学校の先生でヘレンとは面識があった)

「次はベルを読みたい」と」娘が言い出したのですが
残念な事に友達の家にはなく
今週から補習校で本の貸し出しが始まるので
「補習校で借りてきなさい」と言って
他のを借りてきました。(ありがと~~~)

DSCN3320.jpg
マザーテレサって旧ユーゴスラビアの出身で「修道女になる」という事が
どんなに厳しくて難しいのか恥ずかしながら初めて知りましたわ・・・。
来日しての
「豊かそうにみえるこの日本で心の飢えはないでしょうか。
だれからも必要とされず誰からも愛されないという心の貧しさは深刻です」
いう言葉は今の日本の真の問題をずばりと指摘しているように思います。
娘も真剣に読んでました。
説明が難しいものもあったけど
なんとか言えた・・かな?苦笑

世界の歴史もなかなかのもんで(笑)
ただし本自体が新しくはないので「ピラミッドは王の墓」となってました。
「奴隷を無理やり働かせた」ってのはなかったけどね。
(この時代エジプトは奴隷制度はなかったのは立証されている)

歴史モノは新しい発見があると、それまでの「常識」がくつがえされちゃうので
難しいのですが、外国にいて、マンガ偉人伝が読めるだけ
ありがた~い環境なんですよね。
次は娘「キリスト」と言っております。
十字架の人が生きていた人とは思わなかったそーですわ。苦笑

二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓




banner2.gif


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ほんと!羨ましいです、マンガ偉人伝。確かに歴史物の難しさはあるけど、それでも子供も読みやすいし、漢字にすごい抵抗を見せるうちの子達でもとっかかりがいい。一時帰国時は「学校からマンガ伝記を借りなさい」と今から言ってる私 笑 買うには高い・・・
そうそう、キリストの話ね。やはりこの国であちこちに行くとどうしても歴史と教会のつながりを見ることになるし、何てったってここはキリスト教から嫌われたモルモン教徒の地。最近子供達の「どうして?なんで?」に全部答えてられない(こっちだって、どこまで正しいか分からないモノ~ 結局個人の理解の仕方、ですもんね)から、「自分でいろんなものを読んで考えろ~」と丸投げ。笑
最近下の子もキリストやキリスト教に関するモノをぼちぼち読み出しました。
ただ、我が家では「まだきちんと判断出来るわけではないのだから、完全な信仰にするには他の宗教も勉強してから」というのがルールです。(私はそれで結局無宗教に近いけど)

よく考えると、やっぱり伝記って学ぶこと大きいですよね。事実(のはず)だし。今もキューリー夫妻は 私の中で「ヒーローもの」だしね 爆笑
2010/04/15(木) 09:21:07 | URL | moi #-[ 編集]
moiさんへ
マンガは漢字を覚えるのにいいのですよね~
私もマンガで覚えたようなもんですから。笑
去年から娘に同じ事(マンガ偉人伝を借りてきなさい)を言っていたのですが
どんものか分からなかったようです。
だからもし、今回プロジェクトがなくても、よかったと思ってますよ。
もしお子さんが借りてこられないのなら
一冊だけブックオフとかで興味でそうな人物を買ってみるとか?
公民権運動もしてるだろうからキング牧師とか
ワシントンとか、、
きっと食いついてきます。爆笑

> よく考えると、やっぱり伝記って学ぶこと大きいですよね。事実(のはず)だし。今もキューリー夫妻は 私の中で「ヒーローもの」だしね 爆笑

多少は事実とは違うかもしれませんが、それは歴史モノすべてに言える事ですしね。
キュリー夫人も読ませたいのですが(実は友達の家で先に読んでみた。笑)
放射線とかガンとかの説明ができるかどうか自信がなく・・・・涙

キリストも説明といわれたら難しいですよねぇ。
これは「聖書の解釈の仕方」にもなってきるし・・。

私も将来子ども達が宗教を選ぶのは自由だと思っています。
けど、旧約聖書なんかは「読み物」としても面白いものですし
やはり世界でこれだけの信者がいるのは理由がある事。
もっと言えば日本人の宗教観にもかかわる事。
けど今は「イエス・キリスト」という人がいた。
という事実から・・とは思ってます。
・・てか、そうしかいえないよ・・・。苦笑
今私は遠藤周作氏の「聖書の女達」ってのを読んでますが
聖書も自分の年によって見方が変わる
「源氏物語」みたいだなぁとも思ってますわ。




2010/04/15(木) 19:07:29 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
小さい頃、マンガでも読み物でも伝記は好きでしたが
晩年とか亡くなるところも出てくるのが悲しくて泣いてました。
今思えばなぜか読み方が不思議な気もするんですけど
「こんな立派な有名な人でもやっぱり普通の人なんだ」みたいな…。

あ、でもリンカーンの暗殺されるシーンはかなりトラウマになり
家族で外食した帰りとか後ろばっかり振り返ってました。笑
誰もお前なんて狙ってないよ、って今ならわかるのにー!
2010/04/16(金) 01:34:20 | URL | ちい #-[ 編集]
ちいさんへ
あ~分かるなぁ
「死」がすごーーく怖かった時代ってありますものね。|゚ー゚||。_。||゚-゚||。_。|ウンウン
すごーーく立派な人でも
当たり前だけど日常はあったわけで。
今になって読み返してみて分かるのは
立派なのはご本人もだけど親御さんや兄弟の力も大きかったのだろうと思います。
マザーテレサだって修道女になったら
家族の縁を切るってことなので
お父さんが亡くなっていて、それでも許可を出した
お母さんの気持ちっていかばかりか・・と思いましたよん。
2010/04/16(金) 08:09:55 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。