2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 いきなりのESL廃止のお知らせ
2010年02月26日 (金) | 編集 |
先日、公立小学校のESLに通っているご家庭に
教育委員会からの手紙がきたそうです。

その内容は
「来年度からESLは廃止。各自ベース校に行くように」

詳しく説明しますと、
我が家の学区の場合、すべての小中学校にESLがあるわけではありません。
ESLが必要で、ベース校(元々行くはずの学校)にESLがない場合
越境入学をします。
そして基本ESLを抜けたら、ベース校に戻るわけですが
下の兄弟がまだESLにいる場合などは特例として
そのまま学校に残る事もできました。
あとこの学区の特色として日本人向けESL校は二校ありまして
日本人の先生について英語を教えていただけたのです。
(我が家の子ども達はESLではなくドゥアルなので違います)

それが突如来年度からESLを廃止するから転校しろ!というわけです。
で、まだESLを抜けれないレベルの子も
レギュラーに入れられ「担任がフォローする」と言うのです。
(これは確定かどうかはまだわかりません)


確かにESLの問題(特にメキシカン)は常々聞いておりました。
ただでさえ不景気で教育予算も削られているのに
ESLに多くの予算をさくのはいかがなものか?とか
人種別に分けてしまうのは英語の習得という意味ではどうなのか?など。

それは、もし、私が日本にいて逆の立場ならそう思うかもしれないので理解できます。

でも、このいきなりの決定の犠牲者は現場の先生ではないでしょうか?
いきなり英語のできない子を20人そこそこのクラスで
何人も待つハメになる可能性もある。
しかも色んな国の子を。
いろんな国の子がいるって事は民族性で考えや習慣、文化が違う部分もあるという事です。
それをすべてフォローなんてしきれるのか?

もし、そう努力してくださったとしてもESLの子ばかりもかまえないでしょう?
アメリカ人の親からも文句が出るでしょう。

真面目な先生ほど悩まれるのでは?
先生方もこの話を聞いたのは私達の知る数日前だったそうで
ESLの先生なんかは来年度からどうなるのかすら分からない状態なんだそうです。

今アメリカは大学の授業料の大幅な値上げ(州立でも毎年5~10%というスピード)や
教育ローン問題など
さまざまな教育格差問題もおきています。

私は公立学校の教育というのは
「国力の育成」だと思っています。
基礎学力を高め、能力のある子は上の学校にいけるようにすべきです。
それが、ひいては国の発展へとつながります。

それを予算がないからと基礎教育分野で
特に移民の国であるアメリカでESLをなくしてしまったら・・・
学年が上に行けば行くほど
「英語が分からないから授業についていけない」=「学校が嫌い」
最後は不登校となり
勉強をするチャンスすら奪いかねません。
そうすると負のループから抜け出せない状況になるかもしれない。


そして一番の被害者は突然
「他の学校へ行け」と言われる子ども達。
今5年生のお子さんでも・・です。
せめて一年くらい猶予は与えても良かったのでは?
そんな事をしたら文句が出る。とかで
いつもの事ですが
親に知らされるのはいつも直前。

今現在だって日本からきたばかりで
ウチの学区で家を探しておられる方もいると思います。
そういったご家庭は
この決定も知らずに入学手続きの時初めて知るという事になりかねません。

日本からきたばかりで、ただでさえ不安なのに
何も知らされないで、いざ入学となったら
「日本人向けESLはもうありません」と言われてしまったら・・・。

就学前の年齢ならいいんです。
我が家の子らが通う
ドゥアルもありますから。
でも、このプログラム、学年が上になればなるほど
英語力、日本語力も求められますので
日本からきたばかりで途中入学はかなり難しいと思います。
(娘の学年(二年生)でも相当難しいと個人的には思います)





子どもの人権というのを謳うのであれば
何故こんな決定をいきなりするのでしょうか?

私は当事者ではないので文句をいう立場ではありませんが
それは「今は」当事者ではないというだけの話。


娘は初めは今回廃止されるESLの学校に行っていました。
もし、今の学校に移っていなければ
やっと慣れた。と思った矢先に転校だったわけです。
娘の性格を考えると、それはどれだけのストレスになったのだろう?
と思うとぞっとします。


日本もそうですが
目先の事にとらわれる時代ではもうないと思います。

アメリカだって表立っての人口は増えているけど(移民など)
新生児出生率は下がっています。
そして高齢化社会になっていきます。
GMの破綻を見たって
組合が強くて会社が老後の面倒をみますって時代ではありません。

だからこそ
「教育」を真剣に考える時代ではないのでしょうか?

もし、日本からこちらに来る予定の方で
54区で考えていらっしゃる方がいれば
まず、School District(教育委員会)に確認を取るのが一番だと思います。
私も今の段階ではこれ以上の話は分かりませんので・・。

ただでさえ、一番悩む子どもの学校。
いきなりの決定は止めて欲しいと切に願います。


二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓




banner2.gif

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント

こんにちは、えいと@です。

はぁ~ため息しか出ませんね~。
結局、こういうことを決定する人間は 現場のことをチーットもわかってないってことですもんね。

未就学児はまだいいとして、一番かわいそうなのは4~6年生あたりの子供でしょうね。
友人のお子さんが渡米時に11歳だったのですが、毎日泣いてましたよ。
男の子が泣くんです。
本当にかわいそうでしたよ…。
言語が違うって、本当に大変なことなのに、
いきなり現地校で、アメリカのネイティブの子供たちと互角に勉強なんて…。
あまりに酷すぎます。

予算がないからってバンバン削られていくのはたまりませんね。
目先のことももちろん大事でしょうが、一番大切なのは「数年後、将来」のことなのに。
目先のことばかりに目が行って、大事な先のことを見ようとしない。
日本もそうですけど、本当に悲しくなってしまいますね。


   えいと@
2010/02/26(金) 12:36:11 | URL | えいと@ #-[ 編集]
予算がとれないんでしょうね。越境をすればバスもいるし、いろんな面で厳しい状態なのでしょう。
この54学区の環境のほうがアメリカの中では珍しいと思うのですよ。
私はかえってベース校に行くほうがいいんだろうなと思っています。
2010/02/26(金) 12:41:55 | URL | わいん #-[ 編集]
我が家も日曜日にようやく渡米し、今週幼稚園の面接に行ってきたところです。
ウチの場合はまだ上の子が幼稚園なので小学校やESLのことなども分からずいるのですが、赴任機関の間に上の子は小学校に通うことになります。
その時に果たして現地の子と一緒に学習できるのかなとすごく不安です。。。
内容が理解できないんじゃないかと…
予算的に厳しいのも理解できますが、もっと削るべきところが他にあるように思うんですけどね。。。
2010/02/26(金) 23:01:11 | URL | hrk #-[ 編集]
ESLがあったこと自体、恵まれていたと自他共に認めた上での決定って気がします。少なくともユタにはそういうの、ないんです(ヒスパニックは多いんですよ、あとトンガあたりから来た人とか)。子供の「言語適応能力」を信じているというか(一応、「勉強について行けない子」用の先生がついてくれたけど 笑)他州、他都市にそういう状況があり、それでもそこそこついていくようになる(というか、dual immersionの考えの基は、そういう子達が英語を1st languageとする子よりもぐんぐん学力的に伸びるから、ということから始まった研究だそうです)ということからなのでしょう。
落ちこぼれたりする子もいるのでは?・・・全くです。でもアメリカって、自分で頑張ったヒトにはチャンスがごろごろだけど出来ないヒトには常に冷たい社会ですよね。だれも言わないけどさ。だから「ついて来られなくなったら、その子の限界」と、暗に思っているところもあるんでしょうか。

最初からそういう良い環境になかったので、うちの子はそのままベース校に入れられ、きっと私を恨んだこともあったかも。実際、半年は学校の話をしませんでした。幸い低学年だったからあの程度の授業は追いつくから大丈夫、と言えたけど、学年が上がったら難しいかもしれませんね。

そういえば、今日の地元紙に、先生の給料カットに対してこのへんの高校生がデモをした、という記事が載っていました。「学校の補助を切ることは先生を苦しめること、そして私達の授業のチャンスがへる」と。素晴らしい高校生だ。よくやった。君たちがいるうちはこの国の教育もまだ大丈夫な気がするよ。
2010/02/27(土) 00:32:50 | URL | moi #-[ 編集]
えいと@さんへ
ESLの是非はともかくとして、
急に決定しちゃうのがね~~

私個人では、今は基本ベースの学校に行った方がいいのじゃないか?とも思いますが
ただ、このブログでも今の時期が一番質問があるんですよ。
3月の学年末を待って母子が渡米ってパターンが多いのでしょうね。
そうすると今、お父さんはこの学区で家を探していて
決まったと思ったら
自分が知っていた事が違った・・って事になりかねません。
それだけ、この学区は日本人には「特別」なんですよ。
だからまだ未確認の部分もありますが
あえて載せました。

子どもは親の仕事で友達と別れて言葉も分からないアメリカに連れてこられるんですからね。

教育の事だけでなく
日本もアメリカも目先にとらわれる時代ではないとは思うのですがね・・。
2010/02/27(土) 10:09:40 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
わいんさんへ
同感です。
Dualのバス代もすごい上がり方ですしね。
同じような事が数年前に他の学区でもあったそうで
結果、日本人が少なくなったのだそうです。
54区みたいな形態がいいのか悪いのか
私も判断はつきかねますが、
とにかく、今は日本から来る方が
「知らなかった」という事がないように願っています。
2010/02/27(土) 10:12:23 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
hrk さんへ
あら!こられたのですね!
寒さでまいってませんか?
質問があれば私の知っている限りはお答えしますよ。

子どもの教育は親御さんの考え次第だと思います。
日本人の多い学校がいい。
英語をやらせたいから日本人は少ないほうがいい。
あくまで日本の教育を・・と望まれているのなら
全日もあります。
どれも間違いではないと思います。

ただ、今回の事のように
以前入れた情報と全く違っていた。という事もあるので
下調べは入念にされた方がいいと思います。

あとmoiさんもおっしゃっておられますが
ESLとDualは別物・・というか
むしろ逆の考えなんですよ。
これは今も誤解されている方が大変多いです。

いそんな選択肢があるシカゴ近郊だけど、
だからこそ悩んでしまいますよね。
2010/02/27(土) 10:18:21 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
moiさんへ
あらら~~
私の本音をずばずば言ってくれましたね。爆笑

そうなんです。ESLとDualって根本的な考えが違うのですよね~~
こちらは日本語のほかにスパニッシュと中国語かな?

アメリカって、自分で頑張ったヒトにはチャンスがごろごろだけど出来ないヒトには常に冷たい社会ですよね。だれも言わないけどさ。だから「ついて来られなくなったら、その子の限界」と、暗に思っているところもあるんでしょうか。

そのとおり!苦笑

実は「ESL」の問題点の一つでもあるんですよね。
ESLに行くというのは授業を抜け出す。という事で
日本からきたばかりだと半日くらいESLにいるみたいなんです。
その間、授業でやった事が宿題に出ると
子どももチンプンカンプン。
親はもっと分からない。笑
これを「そういった子のフォローはあるのか?」
と聞いた人によると
「ない。そこまでやってられない」
とけんもほろろに言われたそうです。
つまり置いてけぼりって事。
厳しいですよね。

ところで、なんで「トンガ」???
何かあるんですか???
あんなあったかいトコから不思議~~笑
2010/02/27(土) 10:25:24 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
難しいところですね。 

私の子供が通っているとても小さな学校、先日「嬉しいニュースです。 来年度からも学校が存続する事になりました。」と校長先生からお便りがありました。 「ってか存続危機だったんですか??」 全く寝耳に水... しょっちゅう学校に顔出してる私でもこんなです。 今回は結果オーライだったから良かったものの「この学校は来年から無くなります」って事も有り得た訳で...

当事者が一番最後に知るっていうパターンは辛いですね。 影響を受けるのが子供であれば、尚更です。
2010/02/27(土) 11:43:00 | URL | サザエ #-[ 編集]
サザエさんへ
そのニュースもある意味すごい・・・。
ほんと「え???何の事!?」だわねぇ。。

ウチの学校では「日本人が一番情報が早い。日本人に聞け」って言われますけど
それもそうなのかも?苦笑

これも事前にもれたら抗議がくるからなんでしょうが
被害者は子どもなわけで・・
いたたまれないですよね。
2010/02/27(土) 12:32:02 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
シカゴなんて日本人の学校があるじゃないですか。恵まれすぎです。あなたがたは、なぜにそこまでして現地校にこだわるのかがわかりません。ここはアメリカです。日本ではありません。アメリカの公用語は英語ですし、その公用語での教育は当然じゃないですか。そこで教育を受けたいのであれば、英語は出来て当然だと思います。出来なくても、努力は必要でしょう。出来ないから日本人の先生がいて日本語での教育も受け、それでいてアメリカの学校に通ってましたなんて、虫が良すぎませんか。郷に入りては郷に従えで、数日前にそのような通知が来たとしても、それはアメリカのやり方で、それに従い、うまく共存していくべきです。ついていけないのであれば、日本語で指導してくれる、学習塾に行けばいいのではないでしょうか。ESLは学習塾ではありませんよ。
アメリカって、自分で頑張ったヒトにはチャンスがごろごろだけど出来ないヒトには常に冷たい社会ですよね。だれも言わないけどさ。だから「ついて来られなくなったら、その子の限界」と、暗に思っているところもあるんでしょうか。
そんなこと当然じゃないですか。日本だって同じじゃありませんか。あなたはがんばらない子に手を差し伸べてあげられますか。そして、がんばらない人が出世してたらおかしいじゃないですか。
確かに一番の被害者は、担任の先生と生徒たちだと思います。
あなたはこの問題に文句ばかりを言ってないで、抗議したらいかがでしょうか。そのための署名だったら、皆さんに協力してもらえますよ。お友達主義で、行動せず、角がたたないように「そうだよね。困っちゃう。」なんていっている人は、本当の友達ではありません。
2010/02/27(土) 14:22:47 | URL | copa #-[ 編集]
copaさんへ
ご意見はごもっともです。
ただ、私はESLがなくなる。=文句を言っているわけではありません。
ESLの是非についても本文中にはのべておりません。
それに「日本人だけ」の事ももうしておりませんよ。

あとはこのブログの主旨は
私自身がアメリカ各地にいらっしゃる先輩方に教えていただき
私もまた不安でいっぱいであろう、これから来る方々の少しでもの
お力になりたい。です。
ですから「これからはこうなりますよ」
とお伝えしたかったのが、この記事の一番の目的です。
確かにシカゴは恵まれているでしょう。
でも、だからこそ悩んでいる人も沢山・・と言うより
殆どではないでしょうか?
何事もそうですが
外から見るのと中にいるのとは見解が違います。

恵まれているからこそ外から見ると腹立たしいのでしょうが
人はだれでも自分の立ち位置からの意見
つまり、それが主観となると思います。

それが「文句ばっかり」と取られたのなら悲しい事です。
私は「文句」を言ったつもりはさらさらありません。
お分かりいただけないのなら残念ですね。

2010/02/27(土) 14:59:41 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/06/18(火) 07:12:43 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。