2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 説明って難しい・・・
2010年01月19日 (火) | 編集 |
昨日はキング牧師の日で学校はお休み。
なので補習校の宿題も比較的ゆっくりペースで今週は進められます。

娘は九九が終わり(7の段なんて相当怪しいのですが・・(;^ω^))
図形に入っています。
これが「ゆとり教育」移行措置で二年生から「直角」などが二年生で追加されてます。

九九の時は丸暗記なので相当苦労しましたが
これなら比較的簡単?と思いきや
なんのなんの・・・国語力がいります。
「おかーさん、直角ってなぁに?」
「え??」
一瞬戸惑う私。ヾ(・ω´・。)ォィォィ
んと、、まだ度は習ってないよな??
なんて説明するんだ??

ちなみに直角とは広辞苑によると
「平角の半分。90度。100グラード」と出てます。
う~~~~~何て説明すればいいの??

思い余って一時帰国で買った定規セットを出してきました。笑

IMG_2947.jpg
で娘に三角形や分度器を使わせて説明。


だいたい「ちょう点」なんていう日本語も忘れてたよ・・・・
IMG_2951.jpg
今までは、仕上がってきたのを私がその場で○つけをしていたのですが(補習校の宿題は親が採点)
これからは、コソコソと答えを見ながらしなきゃいけないか!?(〃▽〃)

この先の事を考えると頭が痛いっす。。
どうしましょーねえ。苦笑

二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓




banner2.gif

 
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
そうですねー。当たり前に思っている日本語を子供が知らないときに「え、どうやって説明しよう?」になりますね、私も。
説明といえば。1年生の時の娘の担任が数学に力を入れていたらしく、菱形と正方形のちがいは?とか聞いてきました。この時は私、まず菱形の英語から分からず 爆笑 その後の説明をようやく日本語でするも、娘は日本語と英語のギャップに苦しみ、結局「先生の説明(英語)」「ママの説明(日本語)」二通り覚えざるを得なかったそうです。(あとで知った。)

言葉の定義を日本語で教えるのも大変なのに、
英語で説明して教えるなんて・・・ぎゃーーーーー(泣)
世の中のみなさんがどうやって教えていってるのか、ホントに知りたいです、私・・・・
2010/01/19(火) 11:25:36 | URL | moi #-[ 編集]

こんにちは、えいと@です。

う~~~ん。
確かに「直角」「菱形」などの説明って…むずかしいですよね。
我々大人は「直角とはこう! 菱形は菱形!」って感じですもんね。(苦笑)
子供にわかるような説明…ホントにむずかし~~~。

広辞苑の説明の「平角の半分。90度。100グラード」もさらっと言われてもわけわかんないじゃん。(笑)
「平角」って何だ?…って思って調べたら…。
「一点から出る二つの半直線が一直線をなすときの角。180度の角。」ですってね。
180度の角…う~~~ん。。。

小学校の先生って…えらいなぁ~~~。
子供に理解させるように説明するんだもんねぇ。尊敬だわ。

ゆとり教育のおかげで日本の頭脳の低下が著しくなってしまいましたよ。日本にとって大きな損失です。まったく。。。
学ぶべき時に学ばないといつ学ぶんだっ!…って思います。
日本には資源がないから、すぐれた頭脳を育てて いろんなものを開発して世界と戦っていかないといけないのにね…。


     えいと@


2010/01/19(火) 12:17:11 | URL | えいと #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/01/19(火) 19:32:13 | | #[ 編集]
お子さんの成長とともに課題が難しくなっていきますよねー。
算数とかもう遠い昔すぎて…
改めて勉強しないと思い出せなさそうです。

それにしても九九の7の段って何であんまに難しいんだろう。
わたし、とっさに出ないときがあります…。
2010/01/20(水) 03:33:23 | URL | ちい #-[ 編集]
直角や へん・ちょう点など 補習校3年生の
我が家の子どもたちが つい先日
ドリルでやってたけど、あれ??って思いながら
読み進めていたら・・・あ~、移行措置で
前倒し部分になった項目だったのですね。
算数の定義などの説明は、ホント難しいですよね。
こちらでの生活が長いためか、日本語での説明は
1回では納得してもらえないことが多く
毎回、私も必死になってますe-259
2010/01/20(水) 07:03:39 | URL | nao #3CtsZVlw[ 編集]
えいと@さんへ
ね??言われてみると難しいでしょ?
我が家は英語の方はまだ多角形(polygon)で済んでますが
moiさんのコメント読んでいると空恐ろしくなりました。爆笑


> 「一点から出る二つの半直線が一直線をなすときの角。180度の角。」ですってね。
> 180度の角…う~~~ん。。。

あの~~180度の角ってなんすか???笑
広辞苑をひいた私が間違っておりやした。
>
> 小学校の先生って…えらいなぁ~~~。
> 子供に理解させるように説明するんだもんねぇ。尊敬だわ。

ホント尊敬します。
補習校の先生って常時募集しているような状態なんですが
ただ「大学を出ている」だけでは難しいですよね。

「ゆとり教育」は教育格差を生んだだけですよ。
でも、今度はちゃんと下準備もしないで5年生から英語でしょ?
これでは現場の先生が可哀相すぎると思いますよ。
2010/01/20(水) 08:15:55 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
ちいさんへ
あの~~ちいさんで
> 算数とかもう遠い昔すぎて…
これ言われたら私なんか100万光年彼方ですよ・・・。苦笑
7の段は難しいですよね。
8は一桁目は8、6、4、2,0の繰り返しで
9は一桁目と二桁目足したら9にしかならないから
うっかり・・があっても思い出しやすいんですよね。
その点7は・・・
私も採点しながら出ない事がありますよ。
困ったもんだわ。
2010/01/20(水) 08:19:43 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
naoさんへ
そうなんです。これは移行措置の一部なんですね。
日本では5年生から英語が入ったってのもあるのでしょうが
ならば、海外の補習校組は5年生からラクになるの??
と思ってますが
(英語はいらないし。笑)

> こちらでの生活が長いためか、日本語での説明は
> 1回では納得してもらえないことが多く
> 毎回、私も必死になってますe-259

いやいや、私は、その日本語を忘れてますから
訳す以前の問題ですわ。。笑
2010/01/20(水) 08:22:08 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
moiさんへ
ひし形って日本語で「どんなの?」って言われてもねぇ・・・
日本なら菱餅とか言っちゃうけど
その菱餅を知らない場合が多々あるし。。

直角はアメリカ人パパいわく
指でLの字を作って「ここの部分」と言うそうです。
これはなるほどな~と思いました。

形は娘も現地校で今やってますが
これもやはり根本的な考えが違うみたいで
図書館に行って教科書みてこないと・・と思ってます。

こちらでは、教科書は図書館で貸し出しはできないけど
閲覧はできるのです。
あ~~クーデンホーフ・ミツコの気持ちになるわぁ。。苦笑
2010/01/20(水) 08:26:40 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。