2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 どっちがいいのやら、、、
2010年01月16日 (土) | 編集 |
昨日娘が持って帰ってきた「やり直し」の算数の宿題。
ABCDとあって、それにそって直線を引き四角形を書く。
といったものなのですが
娘は面倒だったか定規を使わなかったのですヾ(・ω´・。)ォィォィ

これは娘が悪いです。はい。
それは分かっているのですが
他の問題で「長さを測りましょう」
では答えの欄に
About
って印刷してあるのです。

「へ??アバウト?およそ、だいたいって事!?」
これって・・意味あんの?測るくらいちゃんとしよーよ。。
2~3センチの事で定規もあるんだしさ~~~と思うのは私だけ???

なので「長さを測るのはAboutで線を引くのはAboutじゃダメなんだ~」
とか屁理屈と分かっていても思っちゃうのです。苦笑

そーんな事を思いながら習い事のある日だったので
おやつの冷凍食品をだして
ふと袋を見ると・・・


IMG_2930.jpg


24~26個入ってますって事?
これぞアバウトだな~~~ギャハハハ(≧▽≦)
(ただし、重さはちゃんと書いてあります。ホントかどうかは分かりませんが・・)


以前、某有名食品メーカーで働いていた友達から聞いた事があるのですが

例えばポッキーとするとちゃんといつも数えている人もいて(あくまで「例え」です)
一本でも少ないとクレームがきたりするそうです。
でも大抵が「重さ」でいっているので
(そりゃそーだ。チョコレートがけを厳密に一本何ミリグラムなんてできないだろうし)
けしてお客様の損ではないと説明するだそうで・・・。
↑チョコレートがいっぱいかかっているという事だから
私だったらこっちの方が嬉しい。

うーーーーん。これも国民性か!?笑

でも一本の事でクレームが着て、その対応も丁寧にいちいちしなきゃけないのなら
アメリカ式(?)アバウトでもいいんじゃないのかえ??笑

この頃はどっちがいいのかわかんなくなってきました。ギャハハハ(≧▽≦)

でも算数のやり方は日本式の方が私は絶対いいと思ってますけどね。



二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓



banner2.gif

 





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
おはよ~(だいたい)朝です^^
暇な人がいるもので、22個とかくと数えるんでしょうね。難癖付けるのがすきというか。商品の形や量に多少の差は出るから、重さでいっているに決まってるじゃないですかね。ポッキーも数を数える?!怖いですねぇ~。
アメリカの数学ですが、ABOUTとその先生が書かれたのは、定規によっての狂いがでるからかもしれません。24.09cmとなった場合、私はいい加減なので24cmといくところ、やおら悩む子もいるのでしょう。恐らく、そんな事例があり、父兄からもクレームがついているかも。私もそんなことが多々ありました。単一民族の日本と違い、アメリカは人種雑多な国で、人の考え方は様々なんですね。教師とすると、胃が傷むところ。
2010/01/16(土) 10:30:08 | URL | greensmoothie #RQDaRuwI[ 編集]
greensmoothie さんへ
ねぇポッキーは驚きでしょ?笑
え?定規の長さが違うのですか?
昔はそういうのも聞きましたが今でもあるんだ~~

あの、、あと日本を今「単一民族」と言ったら反論きまっせ。笑
国際民族会議でも日本固有の民族として
「アイヌ」が招待されてますので。。
こういうことがあって、やっと日本も目が冷めたというか
教科書でもこの言葉は出てこないはずです。
少数部族とはいえ「ヤマト民族」とは違う日本人もいるわけですので。
まぁ、アメリカと比べると鈍感ではありますが
日本も変わりつつあるって事ですね。
2010/01/17(日) 07:50:36 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
わたし定規使わない派ですけど、やりなおしになっちゃうんですねー!汗
いい加減なところときっちりしてるところ、混ざってて何だかややこしいですね。笑
この冷凍ドッグスの内容量、「approx.」って書いてるんだから
間をとって25でいいんじゃ?と思っちゃいました。
クレームがこないように二重に予防線をはってるのかなぁ?
2010/01/17(日) 09:55:04 | URL | ちい #-[ 編集]
ちいさんへ
> いい加減なところときっちりしてるところ、混ざってて何だかややこしいですね。笑

そうなんですよ。
このさじ加減というか感覚のものって
自分が経験があれば分かるのですが経験してないと分かりにくいですよね。

商品は多分クレーム対策とは思います。
日本もそうだけど
クレーム対策のしすぎで説明書が分厚くなったり
そしてまた、それにかかる経費も膨大になって
結局のところ消費者に負担がかかるのです。
めぐりめぐって自分が損をするんだってどうして分からないんでしょうねぇ。。
2010/01/17(日) 10:36:42 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。