2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 バカ受け駄菓子&日本の小学生英語授業
2009年12月16日 (水) | 編集 |
昨日UPしたクリスマスリースをいっしょに作った友達からいただいたもの。

それは駄菓子屋さんに売っているようなお菓子。
日本からの荷物だったので
「勿体ないからいいよ~」と言ったのに
「箱単位できてるのよ!お願いだから持っていって!」
と言われてしまいまして(笑)
ありがたーく頂きました。

IMG_2562.jpg

↑こちら「スーパービッグチョコ」30センチくらいあるチョコです。。
箱単位だから20くらいは入っていたような・・・笑

IMG_2563.jpg


↑「若い女性に大ヒット中」「ブラックサンダー」だって( ´∀`)ギェエ工エェッハハ八ノヽノヽノ \
子ども達大喜び

外国にいるとカタカナの不思議さが面白く感じますわ。

ここでは私のポリシー&コンセプトから
カタカナ表記を基本としていますが
元々英語をカタカナにするってのはムリがあって
だからおかしい和製英語なんていうのができちゃうのだと思います。

先日日本のテレビを見ていたら
小学生の英語授業で外国人講師が言った言葉を
カタカナで聞いたまま書く。ってやってまして
「え!?」と思いましたわ。

案の定
「ドゥーユーハブ○○?」とか
「ハウ ローング △△」とか・・・
これやるくらいなら
単語でライミング(音の韻を踏む)をやった方がよっぽどいいんでは?
日本でも「フォーニックス」とかありますよね?
娘なんかもスペルが分からないと
声に出してやってます。
それが絶対間違わないとは言わないけれど
かなりの確率で正解します。
私の習った受験英語で単語帳で丸暗記とかって一体何だったの?
と今更ながらに思うわけですよ。
せっかく小学生から必須科目になったのに
これで「ネィティブな発音」ってのはムリな話だな~と思っちゃったわけです。


でも、準備期間もそうなく、その上、例の「仕分け作業」で英語のテキストすら要らない、認められない。
と言われてしまったら現場の教師は大変なんだろうなぁとも思うし。。。
だいたい小学校教諭だったら「英語を教える」っての今まで勉強してないんだから
これでも仕方ないのかも・・・

帰国して、このやり方で勉強といわれたら
娘は間違いなく「わかんない」って言いますね。
あぁ・・頭が痛い・・・il||li(つ∀-;)il||li アタマイタッ…

二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓



banner2.gif










スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
このカタカナ表記が一番困るんですよね。私も日本語を書くのに、英語をカタカナに直す。これが困ります。101匹の「ダルメシアン」これきいたときには、おもいっきり笑ってしまったもの。だから、これで在米のお子さんが日本に帰国されたときに大変でしょうね。やっぱり、カタカナに今のうちからなれておくしかないのかな?でも、そのお菓子~おいしそう^^
2009/12/16(水) 10:45:33 | URL | greensmoothie #RQDaRuwI[ 編集]

こんにちは、えいと@です。

こういう駄菓子大好き!(笑)
箱で送ってくるってすごいですねー!
しかし、なんで「若い女性に大ヒット」なのでしょうかね? 意味不明。(笑)

英語の発音…。
日本人は弱いですよねー。
ま、日本語にない発音は聞き取れないし、まして発音すること自体できませんよね。
日本とアメリカの教育は当然違ってくるとは思うけど…。
日本の英語教育は…うーんって首をかしげちゃいますねぇ~。
えいと@たち時代の、グラマー中心、英単語を必死で覚える!…に比べたらマシになって来てるんでしょうけどね~。

    えいと@

2009/12/16(水) 11:18:41 | URL | えいと@ #-[ 編集]
greensmoothieさんへ
カタカナ表記は難しいですよね~~
最近分かったのはOrlandoが日本では「オーランド」なんですよね。
なんでなんでしょ?
オランドーかオランドォの方が近くないですか?
でもね、下手にネイティブ発音だと
日本では「すご~い」とか特別扱いになっちゃって
本人が話さなくなったりするんです。

一時帰国でもカタカナで娘が「わかんない」とか「これって変!」って言ってました。
だからカタカナは「日本ではこういうんだ」って
英語とは別に教えてました。
やれやれ・・です・・・。

2009/12/16(水) 19:06:56 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
えいと@さんへ
ね?受けるでしょ?笑

確かに私達の時代よりは英語教育はマシだと思いますが
それでも・・ねぇ・・
発音は仕方ないですよ。
でも、それはそれで自信を持てばいいのでは?とは思いますが・・・
ウチは田舎に帰るでしょ?
だから帰国子女もそんないない場所で
特に娘がどう扱われるのか不安です・・・。
2009/12/16(水) 19:09:47 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
日本語は外来語をたくさん受け入れる言語なので
それをいざ表記するときにもともとの言葉との差が…。
外来語として入ったら、その時点で「日本語」になると思うので
カタカナ英語は日本語だ!と割り切ってます。笑
でもやっぱり使う時に違和感を感じたり避けちゃうことも。
例えばよく使われるのだと「テンション上がる」は言えないですねぇ。
2009/12/17(木) 08:22:18 | URL | ちい #-[ 編集]
ちいさんへ
そうなんですよね。
外来語を受け入れる柔軟さが返ってアダになっているのかも・・・

> 例えばよく使われるのだと「テンション上がる」は言えないですねぇ。

この手のはいっぱいあますね~
娘はカタカナ看板で不思議に思ってのかよく聞かれまして
困っちゃいました。笑
あと「マクドナルド」がカタカナですんごく読みにくそうでしたし。
これも「日本語ではこう使う」としかいいようがないので
やっぱり「別物」と考えた方がいいのでしょうね。
2009/12/17(木) 08:38:19 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。