2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 経験の差
2009年12月01日 (火) | 編集 |
8月下旬から学校がスタートして
はや折り返し地点間近になりました。

ここでも常々言っていますが
我が家はアメリカでは学年年子になります。

だからラクな面もあるのですが
今年のように去年の娘の担任と今年の息子の担任が違うと
違う事も沢山あって戸惑ったりもします。

去年の娘の担任は若くて担任をするのが何年かぶりの二度目。
今年の息子の担任は一年生をずっと担任してきたベテランの先生。

正直なところ、
やはりベテランの先生は上手いなぁ・・と、どうしても思ってしまいます。
けっして若い先生がダメっていうのではありませんよ。
一所懸命でやる気も理想もある若い先生が殆どだと思います。
ただこればかりは経験の差とでも言うのでしょうか?

子どもを持っている先生がいいか?と言われると
「教育者」と「親」は違うので
そうとは言い切れないし
でも母親になって分かることも沢山あるのも事実。

そこんとこ、今年はどうしても考えてしまいます。

字を書くのも勉強も嫌いで
気分屋の息子が自分からすすんで宿題をやったり
直しがあってもいじける事なくやっているのを見ると
先生の指導が息子にあっていて上手いのだろうなと思う。
それに日本語訳が欲しいと思うものには、ちゃんと日本語訳をつけてくれて
これがまた私にとってはツボにはまっているのですわ。笑

担任の先生って日本でもそうですが
子どもとの相性もあるでしょうし、難しいですよネ。
たとえ息子にあっていても
娘にあうとは限らないし
これもまた「人間関係」のお勉強なんでしょうね。


寒くなったけど今日も元気に登校しました。

IMG_2518.jpg

やっぱりムダに走る息子。笑
バスと競争なんだそーです。無 馬太..._〆(゚▽゚*)







二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓



banner2.gif


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント

こんにちは、えいと@です。

アメリカの先生方って質が高いと思いますよ。
まず、資格が取れて就職できたとしても、それが終身雇用ではないんですよね。
3年ごと(学校によって異なります)に審査があって、不適合者は容赦なく切り捨てられます。
子供からの評価も重視されますしね。(プリの場合はどうかわかんないけど…)
なので、先生方も必死です。
年配の先生がいいなって思うのは経験もあるし、こういう厳しい評価を乗り越えてやって来られた方だからこそ!なんでしょうね~。

子供と先生の相性は、運でしょうね~。
息子ちゃん、いい先生にあたって良かったですね~。
この調子でいいところがどんどん伸びてくれたらいいですね。

   えいと@


2009/12/01(火) 11:03:47 | URL | えいと@ #-[ 編集]
あーものすごく頷きながら読みました。分かる分かる・・・
うちの小僧も興味を持てないと(大抵は、バカにされてるような気分になるモノに対して)全くなにもしないとか ぼーっと他のことを考えてるとか。英語クラスの担任との相性最悪でどうしたらいいのやら、状態です。逆に嬢ちゃんは学校一のベテラン。いくら私でも子供の扱いの「上手さ」の差は否めない・・・・
そうですよね、「人間関係」のお勉強。親にとってもね・・・

無駄にはしる弟くんv-30 笑 うちのは無駄に跳ねる小僧ですわー
2009/12/01(火) 23:53:00 | URL | moi #-[ 編集]
えいと@さんへ
こんにちは~~

> 3年ごと(学校によって異なります)に審査があって、不適合者は容赦なく切り捨てられます。

うーん。。これってどうなんでしょう・・・
ウチの場合変わったプログラムなので
バイリンガルの先生が「容赦なく切り捨てられる」はありえません。

ILはあまり先生が尊敬されてないのですね。
実際年収も低いのですよ・・。
なので良い先生は私立に流れる傾向があるのです。
東海岸の方は公立校の先生の年収も高く質が高いと聞いていますが
これも州の予算しだいではないでしょうか?

なので先生への評価ってのも私的には疑問です。

相性はね~~日本でもよく聞きますが
こればっかりは運でしょうね。笑




2009/12/02(水) 07:59:22 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
moiさんへ
そうなんですよ~~
決して悪口とかじゃなく
学年年子だと、いくら私でも差がわかってしまって・・・。

女はまだ柔軟性がありますが
男は・・
その点、今の息子の担任の先生は扱いが上手いんです。
サルでもライオンでもOK!のような。笑
息子の話を聞いていると「うまいな~~」って言っちゃうときありますもん。

> 無駄にはしる弟くんv-30 笑 うちのは無駄に跳ねる小僧ですわー


あはは!「跳ねる」もわかります!
あのムダな動きは何なんでしょうか?
狩りに行っていた時代の名残?爆笑
2009/12/02(水) 08:03:55 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
学年年子って学年が年子ってことですよね~
そんな便利が言葉があるの知らなかったです!
うちの姉とわたしがそうだ!これから使える♪♪
1歳11ヶ月違いだけど、姉4月わたし3月だから学年は年子です。

教師という職業、やっぱり経験がものをいうと思います。
実際に「最低○年の経験」とかが採用条件のところもあるし。。
教え方も要領がわかってくると授業準備の時間が短縮できて
その他の色んなことに目を向ける余裕もでてくるし♪
新人の先生ならではのいいところもたくさんあるんでしょうけどね☆
2009/12/02(水) 09:59:23 | URL | ちい #-[ 編集]
ちいさんへ
そうですよん。
学年年子は学年が連続。
医学的には「出産後一年以内の妊娠、出産」をそういいます。
だから臨月で産んでいれば1歳6ヶ月くらいまでが医学的な「年子」です。

ちいさんお姉さんと1歳11ヶ月差なんだ~~
実はウチもですよ。
娘はこちらでは一学年落としているので
こちらでは学年年子になるのです。

「先生」ってもね、人間だから完璧はないと思います。
先生の側から見れば嫌な親もいるでしょうしね。笑
2009/12/02(水) 16:43:41 | URL | おね太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。