2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 American Girl とMorton’s
2011年06月28日 (火) | 編集 |
人生画力対決が終わり、
そっこーでダウンタウンへ。
娘と前々から約束していたAmerican Girlへ行くためです。
平日ならそう慌てないのですが
この日は日曜日で7時に店が閉まってしまう・・・。
何とか30分前に着きました。ほっ。
023_20110627210718.jpg
私も欲しかったので店内解散でひたすらお目当てのものを探します。笑

私はレベッカとかが良かったのに
娘の希望でモーリーになっちゃった。
オットいわく「もう一つ買えば?」
一体いくらとも知らないでよく言うよ。笑

なので私用に小さいのを買いました。
032.jpg
ドレス、小物をいくつかで$300近く。(;´▽`A``
娘の誕生日プレゼントって名目なんですが
指輪をと合わせて一体いくら使ってんだか。
さすがに息子にも・・という気にもなりましたわ。笑

街中にあったトランスフォーマー(シカゴがロケ地)
025_20110627210717.jpg
スクールバスでした。笑
026_20110627210716.jpg


その後ステーキのMorton’sに行って肉をたらふく食べて(* ̄◇)=3 ゲプッ
028_20110627210716.jpg
夜の(正しくは暗くなった)ダウンタウンは初めてなので
ちょっとぷらぷら歩きました。
030_20110627210750.jpg
このシカゴ劇場はさすがにきれいで
写真を撮っている人も多かったです。

さすがに子ども達、車の中で寝てました。
でも翌朝はわりに早く起きてきて
さっそく人形を開けたのでした。笑
スポンサーサイト

 人生画力対決
2011年06月27日 (月) | 編集 |
オットが私への慰労?のプレゼントって事で
申し込んでくれた西原理恵子の人生画力対決に行ってきました。
入場料$10の慰労って・・苦笑
001_20110627210719.jpg
私がサイバラファンと知っている友達何人かに
「行くの?」と聞かれてまして
スケジュールもたてこんでいるし
「行かない」って言っていたのにすみません。
だって私も数日前まで知らなかったんだもん。笑
内容は面白かったですよー。
ただセンセーの発表前にネタばらしもどうかと思うので
(撮影はOKだった。息子のリクエストも描いてくださいました)
写真はここではこれだけにします。
単行本は今出ている二冊とも実は持っていまして
いつもはアダルトちっくなんですが
今回はファミリーが多かったので(ウチもそーだけど)
過激なものはなしでした。笑

で、ちゃっかり単行本にサインしてもらっちゃった
022_20110627210718.jpg
わーい!これは手荷物で持って帰ろうっと♪
シカゴ入った巻は日本で発売日に買えるのだなぁ。と
ここでしみじみ思う私。笑

子ども達は分かるかな?と思ったけど
「毎日かあさん」の作者だよ。と言っておいたもあって
楽しかったようです。


この後(午後4時)ダウンタウンへ行きまして
帰宅は11時くらいになったという
夏休みならでは・・の無茶なスケジュールだったのでした。笑


 アメリカ版ゴミ出し
2011年06月24日 (金) | 編集 |
毎週どんどん出しているつもりのゴミ。
あーーなんでこんなに一杯あるのだろう・・。

娘手伝う図。
001_20110624022236.jpg

分別はあってないがごとし。だからラクなんですけどねぇ。
ついでに収集の前にトラックで持っていく人たちもいるし。
002_20110624022235.jpg
(さすがに正面きって撮れなかった。笑)

日本に帰ったらキチンと分別できるのか???




 息子8歳です。
2011年06月23日 (木) | 編集 |
snap_natu721_201164122516.jpg

父ちゃんもいないし、日本で「キャラデコ」希望なので
ショートケーキにろうそくを立てて誤魔化しちゃった。笑

「赤ちゃんのままでいなさい」と
育てたはずなのにでっかくなりました。爆笑

一年くらい前までは同級生と頭一つ大きいくらいが
今では頭二つ分くらい??
よくもまぁスクスクと・・・。

息子は日本の幼稚園を一年経験しただけ。
これから日本の学校が待っています。
母ちゃんもなんだかタイムワープしたような気分。
補習校の算数くらいで泣いていたらいけないんだよ。笑

帰国まで一杯遊んで良い思い出を持って帰りましょう♪




 こうやって土産は増えていく・・・。
2011年06月22日 (水) | 編集 |
先月実家の最後のネコが亡くなりまして
(年齢的に大往生)
やはり耐え切れなかったのか保健所に登録?をしたらしく
先日ネコがやってきたよーです。


・・で、命名権をウチの子ども達にもらったのですが
そ、それは発音できない・・ってのを出してきて(苦笑)
いまだ思案中です。

そんな話をしていたら
ネコちゃんにはおもちゃが必要!となりました。
(前のネコたちは年寄りになって遊ばなくなっていた)

はじめはでっかいタワーみたいなのを選んで
おいおい・・船便にでも入れるつもりか!?
船便なら一ヶ月はかかるぞ。と脅したら(ぷぷ)
小さいものを選び始めました。
003_20110622232303.jpg
楽しそうですこと。
でもさぁ、、ネコご本人(?)にはめーわくかもね。笑


ところで、このお店には「もらってください」のネコちゃんが何匹もいまして
娘は「なんで?捨てられたの?」と悲しそう・・。
すべてが捨てられた子かどうかは不明ですが
中には10歳くらいの子もいました。
どうなのかなぁ。。ネコだから迷いネコになった可能性もあるのだろうけど・・・。

やはり生き物は責任を持たないとね。
我が家の金魚は無事貰い手が見つかりました。
良かった。めでたし、めでたし。笑

 ひたすらジャンプ!
2011年06月20日 (月) | 編集 |
先週は引越し準備ちょっととダラダラすごしてしまったので
今週は遊びましょう。

って事で行ったのは
Xtreme Trampolines早い話がトランポリン場。笑

数ヶ月前に存在を教えてもらってはいたのですが
行こう行こうと思っているうちに帰国が決まり
あっという間に夏休みになってしまった

色んなのがありましたが息子はこちらがお気に入り。

006_20110621073147.jpg
はじめはこわごわだったのに
何回かやっているうちに思いっきりジャンプしてました。笑

008_20110621073146.jpg
同じよーなのがいくつもあるのですが、年齢別に分かれていて
理由は小さい子用は固めになっていて
あまり飛べないようになっているそーです。
(娘談)
こちらはあまり上手く撮れなかったけど
ドッチボールです。
009_20110621073146.jpg

ひたすら飛んで二時間。
たーっぷり汗もかきました。
帰国までに、あと何回行けるでしょう??


 着いた♪&UPSの謎?
2011年06月15日 (水) | 編集 |
相変わらずピンポンダッシュのUPS。
ドアを開けたときには人影もなし。笑

・・でっ、品は・・
001_20110615210531.jpg

Fishs Eddy
年末にNYに行った時店舗にも行きましたが
今回はお土産で友達と共同注文。

アリスとかブルックリンシリーズも可愛いのですが
ここはやっぱりマンハッタン柄でしょ

003_20110615210530.jpg

と仕分けしていて気付いた・・。
どうも一箱足らない・・・。
えーーーー!?どーゆー事?
慌てて明細をみたら
4PKつまり4箱になってるのに着たのは3箱。

UPSのサイト内のトラッキングページを出す私。

最初は明細のナンバーが「配達済み」になっていて
「えぇーーー!?面倒な事になった?」
と思ったらどうも一つ一つの箱にもナンバーがあって
確認できるのでした。
(下4桁が違う)

結果は一つは明日だった・・。

配送元はいっしょに送っているみたいだから
何でこんな面倒な事を・・

あぁ・・やっぱりアメリカ生活は不思議体験できるわぁ~~笑





 捨てる。見つかる。買う。笑
2011年06月13日 (月) | 編集 |
夏休みに入って家の中の片付けモードに入っております。
今日はクローゼット二つ整理。
ガレージ横のはかなりスッキリ
005_20110614063107.jpg
何せ、冬場はここにジャケットなどがズラズラならび
靴箱に入りきらない靴、予備のバックパックなどあったから
ごちゃごちゃ感がすごかった
一回もはいてない娘の長靴、オットの買いっぱなしのスニーカーなどなど・・。

こうやって整理していくと
忘れていたものも出てきます。
今日は本屋のギフトカードが見つかった!
確か娘が何かで当たった記憶がある・・。
でもいくらかは忘れちゃった。笑

さっそく行ってきましたよ。
日本か中国かわかんないシリーズあり。
「どうぞよろしく」かぁ。
これが「ありがとう」なら
子どものお友達への送別品にいいのになぁ。。
001_20110614063109.jpg

結局おもちゃを買わされ
カードの中身は$25でした~
せいぜい20と思っていたから結構嬉しい。

ここで息子、レジのおばちゃんからいじられます。
息子って結構店員さんからいじられるタイプでして(笑
「はい。10と5で答えは?」
とか言われてる。笑
(足りないのが15セントだった)
「わかんない(おい!こらっ!)」
「えーー!?学校が終わっちゃったから??」
なぁんて言われましたわ。ぷっ。


クローゼットは整理できたけど
今まで使っていないバスルームをお土産や船便用でつぶしていたのが足らなくなって
いよいよ子ども部屋に進出しております。
007_20110614063106.jpg

引越しの見積もりまでに、引越し便に入れるもの、持ち帰るもの、破棄するもの
くらいには分けておきたい・・・。

ところで、ワタクシ「おね太郎」の帰国日のうわさを聞きましたが
私は知らないんですけどぉ???
↑マジです。まだ予約も取ってませーん。笑





 夏休み初日
2011年06月08日 (水) | 編集 |
学校が終わって気が抜けたワタクシ・・・。

でもおもちゃの整理はやらねばならぬ。
昨日、今日とでやりましたよ。
娘はいいけど、息子はあれもこれも持って帰る!って。
あの・・数年前のレンジャーのなんか日本に帰ったら
ぜーーーーったい遊ばないと思うのですが・・・

とにかく一回出しましょ。
途中の図
001_20110609074234.jpg
・・・すっげー状態

何とか終わって
今日は父ちゃんもいないのでSweet Tomatoesでブランチ。
私がサラダを食べたかっただけだけど
ここならアイスと普段食事では飲ませてもらえない炭酸で息子をごまかせるから。笑
002_20110609074241.jpg

その後ターゲットに行って
前から気になっていたアレッシィのデザイナーのやかん&小物を購入
004_20110609074812.jpg
アレッシィとはケタが違う。笑
性能も違うだろうけど可愛いのからいいのだ


学校から来年度の諸経費が戻ってきたので
($100)ちょっと嬉しくて買ってしまいました。笑











 いっぱいの思い出を抱えて・・・
2011年06月07日 (火) | 編集 |
今日は学校最後の日。
見慣れたこの光景も最後です。
003_20110608060119.jpg
ドライバーさんにお礼を渡しバス出発です。
あ~あ。行っちゃった。
これが素直な感想でした。
004_20110608060119.jpg
最初は娘一人で登校で随分長い間
今日は大丈夫か?泣いてないか?
とドキドキした事を思い出します。


そして帰りはお迎えに行きました。

卒業式もないのだけど6年生の女の子は泣いていたり
ベルも鳴らないけど(笑)
時間になったらオフィス前に集まっていた先生らが歓声とハグ。
いやぁ、、アメリカだわぁ。
最後までミョーなとこで感心します。笑

子どもらを出迎えながら駆け足でお世話になった先生方にご挨拶。
娘のスピーチセラピーの先生とは記念撮影もしました。

担任の先生は一年で変わったけど
この先生には3年間お世話になったので
ある意味一番感情が入ります。
ハグされて「元気でね」と言われたとき涙が出そうでした。

辛い事もあったけど
思い出ってのはいいものしか残らないもの。

いっぱいの愛情と思い出を持って帰ろうね♪

先生ならびにスタッフの皆さま、
本当にありがとうございました。



 学校から持ち帰ったもの。
2011年06月02日 (木) | 編集 |
娘がスピーチセラピーの先生から本をいただいてきました。



メッセージが添えられていて
あまり感動のない私も
これにはじーーんとしました。

娘の発音が良いのも三年間お世話になったこの先生のおかげです。

先生も私も同じジムに通ってまして
時々お会いしましたが、お互いちっとも痩せませんでしたね。爆笑

息子の方は念願のトゥースセイバーをもらってきました。
学校で歯が抜けないともらえないので
間に合うのか!?と思っていたけど
ギリギリセーフ!でした。
真ん中の黒いケースがそうです。
002_20110603063605.jpg

「スーパーチャイニーズ」と日本語でありますが
現地校での「レストラン・プロジェクト」で使ったもの。
これってチャイニーズ??ってメニューもございますが・・苦笑

このブログでも色々ご意見をいただいた
ドゥアル・ランゲージ・プログラム。
賛否両論ありますし
私自身??と思った事も正直ありますが
結果として子ども達が日本語を失わなかったのは
このプログラムのおかげでもあると思います。

我が家の学区には今スパニッシュ、中国語のプログラムもあって
全米でもESLではなく、このプログラムへの動きはあるようです。
元々は南部でフランス語から始まったイマージョン教育ですが
よくよく考えるとこのプログラムって
アメリカらしい教育なのかもしれません。

人が多いところに行くと「英語」だけが聞こえるのが珍しいくらい
色んな(特にスペイン語)言語が飛び交っている国。

それに文化的、言語的に寄り添おうとする姿勢は
見習うべき所があるのかもしれません。


この国で、この国の学校で習った事、経験した事は
子ども達のこれからにどう影響があるのか
今はまだ分かりません。

けれども、全米唯一の公立校での日本語のイマージョン教育を受けた事には
決して忘れないでしょう。

明日はフィールドデー。
月曜日は何して遊ぶんだろ?笑

そして火曜日は二時間くらいで終わります。

二人ともよく頑張りました


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。