2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 フランス語?英語?
2010年06月21日 (月) | 編集 |
モントリオールはパリに次ぐフランス語圏の都市です。
市街地はいたるところで英語&フランス語併記の看板がありました。
(ケベック州の公用語はフランス語)
モントリオールの特色として
市街地から西方面が英語が強く、東はフランス語圏という住み分け(?)ができているそうです。

私の感想としては
「フランス語主体。でも英語もだいたい通じる」といったところ?
プレイマックも英語&フランス語
214.jpg

北米全体が英語圏なのに、これでは浮いてしまうのも仕方ないか・・とさえ思います。

事実1982年に制定されたカナダ新憲法もケベック州のみが批准しておらず宙ぶらりんの状態。
不況になると独立運動が盛んにもなるそうで。。
フランス系住民も言わんとする事も分からないではないけど
もし、日本の一部だけに違う言語の『国』をおこそうと運動されたら
私だったら嫌だと思う・・・

そーんな中、元気なのはやっぱり
128.jpg
中華街。
殆どが中国語の世界。
(たまに日本語あり。笑)

好き嫌いが分かれる中国ですが
このパワーはすごいと思います。

でも一部の東南アジアの国のように
政治的、経済的に国の実権を握られるのは嫌だけどさ。





二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓




banner2.gif


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。