2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ノートルダム大聖堂
2010年06月16日 (水) | 編集 |
F1観戦が目的だった今回の旅行ですが
このノートルダム大聖堂だけは見たい!と
3日目の朝、旧市街近くのパーキングに車を止めていきました。
市街地なのに一日の駐車料金が10カナダドルなのは安いっ!と思いましたよ。
シカゴダウンタウンに慣れてしまった?笑

初めは方向がつかめず四苦八苦(;^ω^)

「こんな石畳を車で走ったらどんな感じなんだろう?」と言っていたオット、
この後サーキットの駐車場が分からず右往左往して
結局この大聖堂前を走る事になりました。笑

209.jpg

この近辺はお土産物屋さんも沢山あります。
モチロン観光馬車も。
日本でいう人力車みたいなもん?笑
093_20100616220951.jpg

さぁ中に入りましょう。
モントリオールではUS$は殆ど使えますが
おつりはカナダ$でくるので
US$だとちょっと損をします。
旅行前に調べたレートは
US1$=97円 カナダ1$=101円くらいでした。
あと自販機などはUS$は使えないので
やはり少しはカナダ$を持っていた方がいいですよ。
(我が家は100$くらい。あとはクレジットカード決済)
大聖堂の入場料は大人$5子ども$4です。


中に入るとまずコバルトブルーのライトに照らされた黄金の祭壇が目に入ります。


セリーヌ・ディオンが結婚式をあげた事でも有名な
この大聖堂、1829年建築のカトリックの教会です。
088.jpg

015.jpg



天井も美しい。
005_20100616220741.jpg

ステンドグラスの数々
051.jpg

052_20100616220831.jpg
建築から約100年間ステンドグラスはなかったそうです。
1929年、教会創立100周年を記念して作られたもの。


所々に礼拝堂があります。
そしてキャンドルがともされ厳かな雰囲気
206.jpg

205.jpg

私は子どもらに
「キャンドルは日本のお寺さんの線香、礼拝堂は仏壇」
と説明。・・・ちょっと違う気がするけど
ニュアンスが伝われば・・・と思いまして・・(;^ω^)
(つまり遊びではない、お祈りの場所だ。と言いたかったのです)


そして世界最大級のパイプオルガン。
086.jpg
7000本のパイプを持つオルガンです。

208.jpg

あ~~キレイだった~と
感動で外に出たら売店があって
日本語のパンフレット発見!
うっ見学前にほしかったよ・・ (((´・ω・`)カックン…

二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓




banner2.gif


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。