2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ESLのテスト&摩訶不思議な事件
2009年11月20日 (金) | 編集 |
昨日はコミュニティカレッジのレベルわけESLテストに行ってきました。

前回の珍道中(?)はこちら↓
アメリカ的事務処理~コミカレ編~

この時はししょーの運転でししょーとともにキャンパス内をぐーるぐる巡っていたわけですが
今日は一人です。

大学まではなんなく到達しましたが
「あれ???OCC(ビルの名前)ってどこ?この駐車場ってどこ???
見覚えのあるビルがない・・・」
トイレもしたかったし一旦駐車場にとめて校内に入りました。
・・ら、思いだしましたよ。
あーーーこのカフェテラスがここって事は
駐車場が前とはまったく逆方向なんだ!!!
そう前は北側の駐車場に止めて今回は南側だったんですね。
なんせデカイからどーにもこうにも分からんっ!
以前ししょーと隅から隅まで迷走したかいがあったわ。
この経験があったから分かったようなもんだわ。( ´ー`)フゥー...

トイレを済ませて、また車に乗り移動(キャンパス内を車で移動ってのがすごいですよね)

見つけました!
IMG_2463.jpg

へ~~OCCって「オープンキャンパスセンター」の略だったんだ~~

↑じゃなんだと思った?しかもカタカナで!と突っ込まれたら何も言い返せないんだけど。笑

日本人は読み書きはできるから下手にすべて書いてしまうと
実力以上の上のレベルに行かされる。とは聞いてはいたけど
どうせ私なんかホントにできないから大丈夫~♪と思っていたんですが

あれれ~?できちゃう。
簡単~~
もう少し後になると難しい?
あれ?もう半分きちゃった?
(筆記テストは75問。3択マークシート。だから一瞬迷っても
消去法でわかっちゃう)
ちょっと不安になり顔をあげると
さっきまでベラベラ英語で話していた人が頭かかえてるよ・・・。
いかん!これは!やばい!

すごーく偉そうに言ってますがホントに簡単なの。
いくらなんでも分かりますってくらい。
これが読めないと学校のお便りなんか絶対読めません。

でも私は話せませんから!

後半はテキトーに間違えて前半もちょいと直して(この場合「直す」って正しいのか?笑)
面接に入ります。
聞かれたことは国籍、第一言語、ビザの種類、あとSSNナンバーが必要だったらしいのですが
これは今日はわからないと言って
希望のクラスを聞かれました。
これは勿論家から一番近い
初級クラス!!!
と断言してきましたわ。ギャハハハ(≧▽≦)



面接は筆記が終わった後に
前に出てやるのですが、筆記試験をしている人が後ろにいるから
勿論ヒソヒソとやっていたのですが
「もっと小さい声でして!スペルが思い出せないのっ!!
と言われちゃいました。
・・・でもね、、、マークシートだからスペルを思い出す必要はないんで~???
私もマークシートじゃなく自分で書け。だったらひどいもんだったろーけど・・
アナタさっき巻き舌英語でベラベラ私や試験官に話しかけてたじゃない??
そんな難しい???

話せるけど読めない、書けないスパニッシュ。
読める、書けるけど話せない日本人ってホントなんだな~~
↑自分そのまんまだ。苦笑

ま、無事希望のクラスも取れたから一件落着。
と教室を出た瞬間
今日はついていけないからゴメンね。と心配してくれていた
ししょーから電話が鳴りました。
すごいタイミングでビックリして出てみると
ししょーの英語の会話は聞こえてくるけど
応答がない・・・。
そのうち切れてしまってかけ直したけど出ない・・・
?????

ま、いっかーと家に着いたらケイタイが鳴り
ししょーからです。
「さっき電話くれたのね。出れなくてごめん」
「えっ!?してくれたんだよ。でも英語でなにやら話してて
そのうち切れたからかけなおしたの」
「え~!?私してないよ!」
「ホントだよ。すんごいタイミングでビックリしたもん」
「うっそー!!」
「これはきっと私の事心配しすぎて魂がしたんじゃない?」
「そうかもね~~笑」
と摩訶不思議~な出来事で終わったのでした。

しっかしESLテストごときで、ここまで他人様に心配させる私って???苦笑

こうやって人に頼りながら生きながらえておりまする。
今度から、ちぃーーーーーとはマシになるのか!?ギャハハハ(≧▽≦)




二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓



banner2.gif



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。