2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 お別れの季節
2009年03月14日 (土) | 編集 |
今日で補習校は今年度は終わります。
今年は帰国が多く(それも急に決まったというご家庭が多い)
この3月で退学者も相当いるのではないか?と想像されます。
入学者の方はほぼ例年通りの人数が予想されているらしいのですが
先月から今月にかけての
「帰国が決まった」と聞いたのは、もう何人かもわからないくらい多い・・・。

それも今月頭に決まって今月中とか
先週聞いて来月までとか、
「えぇ~~!?そんな急に?」
なぁんて状態です。

寂しいは寂しいのですが
同じ駐在としては
「良かったね。お疲れ様でした」の方が気持ちとしては大きいかな?

駐在妻ってある意味「戦友」っぽいのかもしれないな。って思っちゃう。笑
言葉の通じない、色々な習慣も違う、
子どもがいるとプリや学校の日本との違いに戸惑ったり
(これは笑い話もシリアスな話もありますがね)

そしていつか「お別れ」がくるのが分かりきっている仲である。

ここが決定的に日本国内のいわゆる「ママ友」と違うのだと思うのです。

補習校に通わせた帰国予定の皆さま
週6日のお弁当に(笑)宿題の答え合わせ
ボランティア、役員、などなど
日本と違い、もう一つ学校に行っている状態で
よく頑張られた事だと思います。
心から
お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

皆さまの健康とご多幸を心からお祈りします。



二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓



banner2.gif




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。