2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 これがアメリカの診断書
2009年02月02日 (月) | 編集 |
一昨日、ようやくお医者さまからいただいた診断書を持って
ジムナスティックの返金請求に行ってきました。

病院で診断書と言えなかった私ですが(涙)
大抵は「Doctor's note」もしくはただ単に「note」でいいみたいです

で、その診断書ってのがこれ。





10cm×13cmくらいの「メモ??」と思っちゃうくらいもの。

それも何書いてあるかわかんないし。。
初めは娘の名前すら読めなかった・・・(写真では向かって左上の修正してある部分)
古今東西、お医者様の字って
あまりキレイではないよーで(;^ω^)
メモ?とか思ったけど、ちゃんと透かしが入っていてコピーなどで
悪用できないようになっています。


普通一般ではこの「note」でいいのですが
もっと正式になるとmedical certificateとかいうのだそーで
ノートくらいの大きさにはなるみたいです(これは未確認)

感覚としては
「メモ」→「ノート」→「ペーパー」らしいっす。
大学の論文なんかは「ペーパー(Paper)」だそうで
分かりやすいんだか、そうでないんだか・・苦笑

で、肝心の返金は・・というと
この診断書では1月19日から2~3週間となっていまして、
私は3週分の返金かと思っていたら
丸々1セッション分(1月5日~2月2日まで)戻ってきました。
いや、初めから行けてなかったので
ウチとしては嬉しいけど、ひょっとしたら怪我したのが1月6日で
一回くらい行っている可能性はあるわけでして
(そんな証明できるものもないしね)
さすがアメリカだわーーーと思ってしまった。。
ま、60数ドル戻ってきたので良し!としましょう。笑




二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓



banner2.gif




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。