2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 娘の発音特別レッスン
2008年10月07日 (火) | 編集 |
あれは5月の事。
当時娘のキンダーの担任の先生から電話があり
「娘さんの発声、発音の事でお話がしたい」
と呼び出しがかかりました。
内心「あ~~英語を勉強してと言われるのかな~~」
と気も重かったのですが、
行ってみたら「Speech Ms○○」と書かれた部屋に通されました。

ここでのお話は英語ができる、できない、ではなく
発音が上手くできていない音を今のうちに正しくできるようにしましょう。
との事でした。
娘は「SH S CH」などが上手くできていなかったらしく、
先生に
「小さい時、指しゃぶりしてなかった?」
「え?!してました。それもかなり長く」
「そうでしょ!これができない子って指しゃぶりをしていた子が多いのよ。
だから、舌が上あごにいかないの」
へーーーー。納得。というか目からうろこ。。

そういう事で今年度から週一回スピーチレッスンを受けることになりました。
そのサインやらなんやらの書類です。
DSCN2375.jpg
何枚サインしたかなー。。
私だけでなく娘の担任、この専門の先生のサインもいるそーで。。
先生も「ILはペーパーワークが多いのよ!」って言ってるし。笑
しかも私にもコピーを渡さないといけないらしく
一体紙が何枚いるのでしょうか?って世界。。エコとは逆行してますなーー。

このレッスン、始まってみたら
娘のクラスメート一人、レギュラークラスの子一人と娘の三人でとっても楽しくやっているようです。
カンファレンスでも先生細かく説明してくれてたしーー
だから担任の先生と話す時間が少なくなってしまったけどね。苦笑

こうやって個人のレベルなどであわせてくれる
アメリカの教育システムっていいなーと思ったハハでした。

二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓



banner2.gif






スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。