2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 本格スタート
2008年04月12日 (土) | 編集 |
先週の入学式を終え、今週からは本格的に補習校がスタートします。

次からはバス亭の送迎はオットでしょうが、
初日なので今日は家族そろってお見送りです。

娘と同じバス亭には幼稚部だけど、お友達もいっしょなので
親の不安も何のそので二人仲良くバスにさっさと乗っていってしまいました。苦笑

「あれ?どこに座った?」
「向こう側だよ~!」
慌てて走る親。
楽しそうな子ども。
出発間際に気がついてにっこにこで
バイバイ

子どもなぁんてそんなもんですねー。笑

違うバス亭の方は
こちらも家族総出のお見送りだったのに
さっさとバスに乗ってしまったようで。。
お子さんは初めてのバス通学で親御さんも心配していらしたけど
大丈夫だったみたい。

こうやってどんどん自分の世界を広げていく子ども達。

海外にいると駐在も永住も(国際結婚、日本人夫婦での永住などなど)
皆、子どもの教育は悩みます。
「海外にいると英語がペラペラになるからいいよねー」
と軽く言われますが
完璧に2ヶ国語やろうと思ったら
親子ともに相当の努力が必要です。
簡単に「ペラペラ」になるわけではないんです。
だからこそ親は悩みます。迷います。
シカゴには全日もありますから、
日本の教育を・・と思えばそれも可能です。

「ハーフの子って英語も日本語もしゃべれて可愛くていいよねー」
これも大間違い。
日本でも「習慣」の違いで夫婦喧嘩はあるのですから
子どもの教育ともなれば考えの違いもあるわけです。
他の子達は土曜日に遊んでいるのを
高校まで補習校を続ける頑張るお子さんも沢山いるのです。

人生、楽して得を得る。なぁんて事はないのですよ。

そーんな私が行きついた答えは
「アメリカ生活を楽しんで欲しい」
ま、悩んだわりにはいい加減ではありますが(苦笑)
娘は日本でも、小学一年生。
楽しんで、そこから色々学んでいってくれたらいい年齢じゃないのかな?と。

今日もニコニコで帰ってくるのかな?

楽しいといいね♪


二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓


人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。