2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ナイアガラの旅7~インディアナのアーミッシュ村~
2009年07月11日 (土) | 編集 |
NY州、ペンシルバニア州オハイオ州を抜けて
お次はインディアナ州です。
このルートは(R80,90)は有料区間になるので
日本でいうサービスエリアが時々あって便利です。
それも各州で微妙に雰囲気と名称が違って面白い。
イリノイの場合はオアシスといいます。
インディアナのSAは、どこか日本のちょっと前のSAを思い出させてくれる
そんな作りでした。

IMG_1682.jpg

IMG_1683.jpg

お次の目的は休憩がてらアーミッシュの村に行く事です。
インディアナのElkhart近辺はアーミッシュが多く住んでいる事で有名です

っても、ずけずけと生活の中にお邪魔したのではなく(笑)
観光用のモールに行ったのですよ。
今回行ったのはコチラです
ご興味のある方はどーぞ♪

Das Dutchman Essenhaus

こちらはインディアナのアーミッシュのサイトです。
インディアナアーミッシュカントリー

ここのアーミッシュレストランで食事もしましたが
美味しかったですよ~~ただし持ち帰りができなかったのが残念(´・ω・`)ガッカリ・・・
IMG_1691.jpg
右端のドレッシングは子どもも気に入って買って帰りました。
こちらがメインデッシュ。
IMG_1692.jpg
ここによった目的の一つが家具!
IMG_1688.jpg
ココで買わなくてもネット販売があるのですが(サイズ、材木も指定できるところもアリ)
現物はオットに見せておきたいと思ったワケです。
IMG_1693.jpg
こちらトイレにあった (笑)椅子。
IMG_1694.jpg
接着剤など一切使っていないので木の香りのみです。

お次はキルト屋さん。
IMG_1689.jpg
専門店も勿論ありますが
このモールのあちこちで展示販売をしています。
IMG_1690.jpg
ところが、ここでもメードインチャイナの嵐で
専門店はさすがにそんな事は無かったのですが
「お土産物屋」では「これ安いな」と思ったらメードインチャイナでした。
ナイアガラとかなら分かるけどアーミッシュをうたっていて
それはないでしょ~~~~と思うのは私だけでしょうか????
確かにアーミッシュのキルトは
ご近所さんとかへの気軽な義理土産のお値段ではないと思うけど
中国産をあたかも「アーミッシュキルト」のように売るのってどうよ???

気を取り直して(?)
ここでは子どもがナイアガラ・オン・ザ・レイクでも乗りたがっていた
観光馬車に乗りました。
あちらは値段もさることながら所要時間一時間だったので
時間もないし、子どもに一時間は長くてあきるかな?と思って乗せなかったのです。

こちらは20分で一人$5.
アーミッシュのおじいさんが馬車を引いてくれてガイドもしてくれます。
なので写真はなし。
(アーミッシュは写真を撮られるのを忌み嫌います)

子ども達の感想は
「ホントにお馬さんってパッカパッカって歩くんだねー」
でしたヽ(´∀`)ノハハハッ

長々と書いたナイアガラ旅行記でしたが
読んでくださってありがうございました。(o´-ω-)o)ペコッ
今回は諸事情もあって移動は長かったけど
車で良かったかな。と思いました。
(気ままにワイナリーめぐりもできたしね)

私の周りではナイアガラへは車派の方がちょと多いかな?という感じですが
それは各人の旅行スタイルの考えだと思います。

さあて、、、今度は帰国準備だ
(`・ω・´)ノ オーッ!!


二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓



banner2.gif








スポンサーサイト

 ナイアガラの旅6
2009年07月10日 (金) | 編集 |
ワイナリーも巡って、ナイアガラの町から今度はアメリカに入国です。
ナイアガラの滝を見ながら
入国手続きの渋滞
レインボーブリッジからの写真です。

IMG_1672.jpg
いよいよ入国。
入国審査ってドキドキしますよね~~


IMG_1673.jpg
母子のパスポートを見た審査官、しっかり滞在期限をチェックして
「8月で切れるぞ。ここではI94は更新されないが出国予定は?」
と聞かれました。
※ウチのビザの場合最初の滞在許可は2年です。
これは陸路で出国しても更新されないのです。
あとは「酒はもっているか?」
持っていると答えたら、「トランクを開けろ」
これもまたしっかりチェック。
あとは「どこに住んでいるか?」など2~3質問され無事国境を通過しました。

しばらく走ればNY州バッファローです。
今回の旅の唯一の心名残、
それはバッファロー在住のえいと@さんとお会いできなかった事
過去何回か計画してたりしたのですが
お互いの都合がどうしてもかみ合わず・・・・。
今回もえいと@さんのダンナさまの学会の期間ともろ当ってしまいました(;´д`)トホホ

彼女のブログからは「田舎」のイメージがあったのですが
ダウンタウンを通過して「結構な街じゃん」←ごめん、えいと@さん(;^ω^)

ここバッファローで昼食です。
昨日えいと@さんから聞かれましたが
残念ながら名物のバッファローウィングではありません。

行ったのは



あぁ~ネットがつながらない & パンがおいしいカフェ Panera Bread

パネラブレットです。笑
ただし、同じバッファローでも違うお店です。
(多分ご自宅と逆方向だと思われます)
なぜなら、この日の宿を取りたかったのでネットを接続したかったのですね~~
Iフォンでパネラブレッドで検索できたのでラクでした~~~


無事この日の宿もインディアナで取れて
一路西へ。
NY州のお隣はペンシルバニア。

ここも私がブログを書くきっかけとなったM家さんが住んでいらっしゃたので
感慨深いものがありました。
(今は帰国されてます)


IMG_1677.jpg

子どもの年齢も近くて
アメリカに来る前から彼女のブログにはお世話になり
着てからも落ち込んだ時や日本に帰りたくなった時
彼女のブログには励まされました。
日系のお店などなく、治安も良いとはいえない
フィラデルフィアでよく頑張ってこられたと思います。
って、ここは同じPAでも彼女の住んでいたフィラデルフィアとは
400キロくらい離れるんですがね。苦笑

向こうに見えるのはエリー湖です。
IMG_1680.jpg

しっかし、さすが歴史の州。
高速のSAにもパンフレットがいっぱい!
IMG_1678.jpg
オットはここで初めてピッツバーグはPAだと知りました。
私はライト設計の最高傑作といわれる「落水荘」が
PAにあるとは知ってはいたけど
すごい田舎で行きにくい場所だと初めて知りました。苦笑

こうやってインディアナへひた走り
シカゴに近づいていったのでした。

二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓



banner2.gif







 ナイアガラの旅5 ~ワイナリー巡り
2009年07月09日 (木) | 編集 |
ナイアガラ・オン・ザ・レイクを後にして
再びナイアガラに戻りながらワイナリーめぐりをすることにしました。

別名ナイアガラ・ワインルートと言って
ドイツ移民が持ち込んだ苗木からぶどう栽培が始まったそうです。
今ではナイアガラの滝からナイアガラ・オン・ザ・レイクを経て
西のグリムズビー(Grimsy)にかけて40以上のワイナリーがあります。

ナイアガラパークウエイを走るだけで何件もの看板を目にする事ができますよ。

ふらふら~~と立ち寄った一件目。笑
塀に伝っているのは勿論、ぶどうです。

IMG_1661.jpg

ここでテイスティング。
私が知っているアイスワインって有名なInnskiuin Winesくらいで
「あまーーーい」って印象ですが
ここのは、そんな「甘いっ!!」って感じではなかったです。

次のとこはあまり印象がなく
写真もなし。テイスティングはしたけど。笑

お次はご夫婦でやっている小ぢんまりとしたワイナリーです。
IMG_1662.jpg
奥様からアイスワインの製造の仕方を教えていただきました。
IMG_1664.jpg
ここでアイスワインの豆知識。


※1794年の冬、ドイツのフランコニアの農場で、世界初のアイスワインが生まれました。その年のフランコニアは予想もしない霜に襲われ、熟した葡萄がそのまま放置されたために凍ってしまい処分することになりました。貧しい農民たちは、捨てるはずの葡萄で僅かなワインを造ったところ、とても甘みの強い、芳醇な香りのワインが出来上がりました

コチラのサイトからいただきました。
ご興味のある方はど~ぞ♪
日本での取扱店も載ってます。

カナディアン アイス ワイン ギャラリー

アイスワインは-8℃以下にならないと美味しくできないそーで
(カナダだから英語の説明だけど華氏じゃなく摂氏で言ってくれるのでピンとくる。笑)
地球温暖化のせいか
元々の産地であるドイツなどヨーロッパより
今はカナダの方が有名になってしまったのですね~~

ところで最近、友達に
ワイナリーは子どもは大丈夫?子どもにはつまらないのでは?と聞かれたのですが
テイスティングや説明を受けている間は
どのワイナリーでもキャンデーやジュースをもらって
時には遊んでもらってご機嫌でした。ギャハハハ(≧▽≦)

あとはワールプール・エアロ・カーあるドライブインによって
IMG_1668.jpg
ここは川の流れが変わる場所です。
その上をゴンドラに乗って空中散歩するってものなんですが
この日も寒くて乗る気がおきず・・・・
だって~~ふきっさらしなんだもん。。
前々回で書き忘れましたが
花火も日本の本州なら冬に着るよーな上着を着て見てたくらいなんです。

IMG_1666.jpg


なので、お土産を買って二階建てバスを見て誤魔化す親。Ψ(`∀´)Ψケケケ

IMG_1669.jpg

しっかし、どこのお土産屋も今はメードインチャイナばっかり。┐(´д`)┌ ヤレヤレ
日本への土産にしようにも
「きっと印刷のご当地の名前が違うだけで、日本にも
河口湖とか北海道とか入っていっしょなのがあるんだろーなーーー」
と思うと余り手が伸びない・・。
ここには
「Naiagara Falls」と入った孫の手までありました。

あとやっぱりメープルシロップも観光地価格。
できたら、ローカルのスーパーを見つけて買った方がいいでしょうね。


・・・と、こーんな事をやっていたので
あっという間に時間がすぎて
えいと@さんの住むバッファローでお昼となったのでした。ヽ(´∀`)ノハハハッ


二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓



banner2.gif








 ナイアガラの旅4 ~世界一小さい教会&可愛い街、ナイアガラ・オン・ザ・レイク~
2009年07月07日 (火) | 編集 |
前日のカナダデーの盛大な花火を余韻に残して
お次はナイアガラ・オン・ザ・レイクという街に行きました
ここは19世紀イギリスの植民地時代にアッパーカナダの首都となり
今でもイギリス風の建物が多く
オンタリオ州屈指の美しい街として有名です。

ここからはバッファロー在住のえいと@さんのブログも参考にしていただけると
良いと思います。
写真もキレイですよ~~~

英語が苦手なえいと@ののんびりお気楽アメリカ日記~観光ナイアガラ

ナイアガラパークウェイを北上していくと
直径12.2メートルの有名な花時計があり
もうちょっと北上すると
世界一小さな教会、ウエイサイド教会があります。
よーーーく目を凝らしてないと、通り過ぎちゃいそうな小ささです。笑
IMG_1645.jpg

身長約140センチの娘と比べてみてくださいな。
IMG_1646.jpg
内部もかわいい~~
IMG_1648.jpg
ここはちゃんと結婚式もできます。
なので帰ってから「海外挙式」で検索したら
何件かヒットしましたが、結構いい加減でしたわ。。
だってバーンロード16メートルとか(断言します。絶対間違ってます。他は1.5~2メートルとありました)
写真が思いっきり違っていたり・・(この大きさと思ったら大間違い)
収容人数はだいたい6人となっていましたが
6人ってカップル&牧師さん含めて???
でもキツイぞ~~~~。ってくらい小さい。
子ども達も意外な事に大喜びしてました。
「世界一小さいのー?」「かわいい~~」って。

ちなみに、結婚式をしなくても新婚旅行でココに行って
役場(でいいのか??)に届けを出すと結婚証明書をもらえるそーです。
(新婚旅行に行った友達が言ってました。彼女はその証明書を持っているそうです)

※あと詳しくは聞いていないのですが
ナイアガラの滝でも、同じような手続きで結婚証明書がもらえるそうですよ※

ここから10分くらいかな~~
(ナイアガラからは車で約30分)
ナイアガラ・オン・ザ・レイクに到着です

この街のシンボル、時計台です。
IMG_1658.jpg

ここを基点として街自体は2~3時間もあれば充分まわれますよ。
(ワイナリーツアーなどの申し込みも観光案内所できるようです)
観光馬車もありました。
(一時間$60)
IMG_1657.jpg
後ろは英国王族も泊った事もある由緒正しい
プリンス・オブ・ウェールズ・ホテル。

そして可愛い店が立ち並んでいます。
IMG_1653.jpg
クリスマスグッズのお店。娘大喜び
IMG_1652.jpg

アイスワインのお店(てか、ここは酒屋。笑)
IMG_1656.jpg
こちらはえいと@さんも行かれているお店です。
IMG_1659.jpg
試飲したかったけどメキシカン風の団体さんが通訳ガイドの説明を受けながら
延々といたので私はあきらめました・・・
IMG_1660.jpg

うーーーん。でもやっぱりワイナリーは行きたいっ!!!
となってナイアガラへの帰り道3~4箇所(!)も寄って
シカゴまで帰るのが面倒になって
もう一泊増えたのでした。車の旅はこーゆーのができていいですね。苦笑

二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓



banner2.gif




 ナイアガラの旅 3
2009年07月06日 (月) | 編集 |
ずぶ濡れにあった後は着替えて夕飯へ
おもいっきり観光地名物(?)の
プラネットハリウッドへ。
(だってオットが行った事がないって言うのだもん。笑)

IMG_1633.jpg

そこから夜(ってこの時点で7時は軽く回ってるのだけど)の花火まで
ブラブラと街歩き
こちらチョコレートのハーシーズ
IMG_1635.jpg
お隣はコカコーラでした。
・・・うーん。昨年のラスベガスでも行ったよなーーーー笑

この辺りは割合新しいのですが
旧市街と思える地域はふるーーーいゲーセンとかあって
私には昔の熱海などの温泉街に見えました。
なんか、そこらに射的のおっちゃんがいそーな感じだなって。ギャハハハ(≧▽≦)
街中の写真はえいと@さんのこちらの記事からどうぞ♪
(私は撮り忘れた。苦笑)
徒歩でもきっちり入国審査

そして花火の見える地点へ。
かなり早かったつもりなのに滝の見える場所はもうなかった・・・。
この時ばかりはフォールズビューのホテル(部屋)が羨ましかったですぅ
でも花火はきれいでしたー!

写真は今イチですが
こっちの花火ってドンドンと間の取り方が下手ちゅうか
「ほら!見ろ!すごいだろ!」てな感じが多いのですが
この花火は日本のに近く
盛大で見せ方が上手かったです。
IMG_1641.jpg

IMG_1642.jpg
そして驚いたのが
なんとカナダ国旗のメープルの葉の形の花火があった事

さすがに「ナイアガラ」はなかったけど。
ナイアガラの滝でナイアガラが見れたら面白いのになー
これだけ水量と幅があればできるだろーになーーー
と、おたわけな事を言いつつ長い一日が終わったのでした。

二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓



banner2.gif







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。