2007年夏からオットの海外赴任で 米国シカゴ郊外で生活しています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ラスベガス旅行記7  ショー
2009年01月07日 (水) | 編集 |
ラスベガスといえば、東のブロードウェイ、西のラスベガス
と言われるくらいショーの本場です。

今回も旅行前にどれを見るか?で夫婦対決でした。ギャハハハ(≧▽≦)
私としては話題のシルク・ドゥ・ソレイユの『O』とかを見たい。
オットは「ブルーマン」といいましたが
これはシカゴでもやっているので即却下。
でも『O』は子ども(特に息子)には難しくないか?
などと言っておりました。
ショー自体はアダルト向けのレビュー以外は大抵5歳からOKが多いので
息子はギリギリの年齢です。

そこでオットが探してきたのが
ランスバートンのマジックショー。
この人は親日家としても知られ
公式サイトから日本語で予約もできるんです。
LANCE BURTON 公式サイト
対象年齢も3歳からと家族向けになっています。

これで、やーっと夫婦で折り合いがつき(苦笑)
その前に問題になっていたホテルも決定。

なぜか?
前半のサーカスサーカスはグランドキャニオン観光なども入れており
そう街歩きはしないだろうし(これが大誤算だったのですが・・・)
安いし($40くらいでした)
家族向けだし、ここでいいだろうと意見は一致したのですが
後半は私はどーしても街中心近くに泊りたかったのです。
オットは「NY・NY」と言いましたが
ココはラスベガスのホテルでありがちな客室へ行くのに複雑な作り。
あとラスベガスのホテルでは当たり前にあるバッフェがありません。
私としては、まず子連れなのでカジノを通らず、もしくは通過できてストリップに出られる事。
(基本21歳未満入場禁止。でもラスベガスのホテルはカジノを通過して
大通りにでるタイプが多い)
が第一条件で「シーザーズパレスの新館!」
と言い合っておりました。

でも、このランスバートンのマジックショーが決まって
ホテルも半自動的に「モンテカルロ」に決定。
だって彼のショーはここなんだもん。
でもって、ホテルの作りも割合単純だし笑


彼のショーはのモンテカルロを作るとき
社長に見込まれ専用劇場を作り
13年間という異例の長期契約を結んだそうです。
こちらが劇場入り口
IMG_0628.jpg

ま、当たり前ですがシアターですので
写真はございませんのでパンフレットの写真なぞ。。笑

上演前に日本語で
「写真撮影はご遠慮ください」ってアナウンスがあったのは
懐かしい感じがしまししたわ。ギャハハハ(≧▽≦)
IMG_0649.jpg


この人のショーはスポーツカーが消えるなどのイリュージョンもありますが
どちらかというとハト出しなど古典的、伝統的なものでもあります。
でも見事でしたよ~~

ウチが行ったのは午後7時の部でこちらは家族向けの構成になっていて
途中で「子ども達おいで~~」
とステージに子どもを上げてくれるのですよ。
・・・がっ、娘は恥ずかしがって行かず・・・
息子は大喜びで「わーーーい」と走っていきました。笑
ここでは子ども達に目の前でハトが消えるマジックを間近に見せてくれました。
ラスベガスのショーの舞台に立つなんてそうそうある事じゃないのだぞ。。
これが、すごい事って息子が分かるのはあと20年後くらい??

このマジックショーはガイドブックなどに
「英語不要」とありますが
他にもランス自身がステージから降りてお客さんと簡単なトークなどもしますので
「どこからきたの?」
(子どもの場合)「いくつ?」
などは聞かれる可能性が高いので
このくらいの理解度はあった方が子どもも楽しめると思います。


さて、パンフの表紙なんですが
ランスバートンっていくつに見えます??
IMG_0648.jpg

彼が出てきた第一印象がね
「え???こんなおじさん?写真と違う」
だったのです。
実は、このパンフはまだ今に近いのです。
ホテル外の電光掲示板などは
どう見ても30代前半くらいまでにしか見えないっ!!

帰国して調べたのですが
彼は1960年産まれ。
もう50歳近いのですよ~~~
いや、メタボなおっさんだったんじゃないんですよ~~
ただイケ面お兄ちゃんじゃなくって
ダンディなおじ様だったのです。苦笑

これは結構有名な話らしく
皆さん、まず最初に私と同じような感想を持つようで・・・・
こちらで、ご本人にインタビューしてますが
うまくかわされてます。苦笑
ラスベガス大全より インタビュー記事


とっても楽しかったショーですが
もうちょっと大人向け(?)のショーも見たかったなぁ~~

あと一泊くらいあれば、そこらじゅうでディスカウントショップがあって
当日券が半額で売っているので、もう一つくらい見たかったな~~~

よほどの人気ショーで、どうしても見たい!と思うもの以外だったら
こういう買い方もありと思います。
実際、どこのショップでも列作ってましたもん。

こうやってラスベガス最後の夜は終わったのでした。


二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓



banner2.gif






スポンサーサイト

 ラスベガス旅行記6 ベラッジオホテル
2009年01月06日 (火) | 編集 |
今日はファンも多いベラッジオホテルのご紹介です。
いや、泊ったわけではないのですがね。苦笑
だってここは「18歳未満は大人同伴でないと入館できない」
という大人のホテル・・・。
高いお金を払って子連れで気兼ねするのは嫌ですからね~~~

まずホテルの公式サイト(日本語)はコチラです。
アメニティから噴水ショーの動画も見れます。
Bellagio
ハネムーナーとかに人気なんでしょーね。

まず、ここの名物、噴水ショー。
ただの噴水とあなどるなかれ!
25くらいの音楽と噴水のバリエーションがあり
その時々で雰囲気もまったく違います。
娘はダントツでこのショーが一番のお気に入りになり
滞在中、結局10回くらいは見たかな?笑
(週末は15分おきにやるので、この人造湖(コモ湖)を一周するだけで3~4回は見れる)

IMG_0605.jpg

IMG_0590.jpg IMG_0591.jpg
ただまっすぐや斜めに水が出るのではなく
ホースのようなっていて
『音楽』にあわせて、噴水が出てきます。
ポップスの時は軽快に
クラシックの時は優雅に・・・。

IMG_0592.jpg   IMG_0594.jpg  

ただ見とれるばかり・・・・

IMG_0596.jpg

角度を変えて
ホテル側から・・・
IMG_0617.jpg
IMG_0618.jpg
噴水向こうに見るのはパリスのエッフェル塔です。
実はこちら側のショーが終わったとき風向きのせいか
水しぶきがかかって子ども達は大喜びIMG_0610.jpg
夏だったらもっと楽しいのかな?

ついでなのでホテルの中も見学♪

ロビーの天井はガラスの花で覆われてます。
IMG_0620.jpg
ロビー奥には室内庭園
IMG_0623.jpg
これ分かります?
噴水のトンネルなんです。
水がたれてこないのが不思議~~~
クリスマスシーズンなのでトナカイさんも飛んでました。笑
IMG_0624.jpg

ここの一流店ばかりのショップで息子の目に留まった
チョコレート屋さん。笑
IMG_0627.jpg

ベラッジオは、すごい!の一言でした。
センスがあるとか、きれいとかは横に置いておいても
「金かけてるなーーーー」ってのが一番の印象でしたね。
だってここは元々砂漠ですよ~~

このホテルの建設前後から
ラスベガスのホテルは「カジノのみで収益をあげる」というコンセプトから
ホテルでくつろいでもらう・・・(つまりブランドなどのショップも入れたり、スパを導入したり、カジノ以外から収益をあげる)というコンセプトのホテルが増えてきたようです。

私が昔着た時は、その過渡期であったように思います。

もう少し旅行記が続きますが
(あと一回くらい??)
呆れずに遊びにきてくださいね~~(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ


二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓



banner2.gif
















 ラスベガス旅行記5  昼間の街歩き
2009年01月05日 (月) | 編集 |
旅行も4日目に入り
昼間はゆっくりとラスベガスの街を楽しみました。

まず、m&m'sとエブリシング・コカ・コーラのビル
IMG_0542.jpg
3~4階まで丸ごと・・で中に入っただけで太りそう~~
コーラのビンの部分はエレベーターになっていて息子は大喜びでした。

MGMグランドホテルのシンボル、金色のライオン
IMG_0546.jpg
ここって大きすぎてホテルの中で迷子になりそ~~~笑

NY.NYの自由の女神
IMG_0547.jpg
ここにあるジェットコースターに乗りたかったのに
娘は断固拒否・・・。
子ども達はこれが本物と思ったようで、、
こりゃいつかNYに行って本物見せなきゃな~~と思ったのでした。ギャハハハ(≧▽≦)

こちらがベネチアン(Venetian)のゴンドラ
二種類あってホテル外とショップ内です。
それぞれ料金は$12.5、$15。
以外に距離が短く、じーっくり見ていると漕ぎ手さんの当たりはずれもありそうで
(カンツォーネも歌ってくれる人くれない人があるみたい)
娘は乗りたがりましたがこれは私が却下。笑
IMG_0548.jpg

二日目にも行ったフョーラムショップスももう一度。。
歩いていたらこんなもの発見
IMG_0555_edited.jpg
実はこれ、私もむかーし記念撮影してるんです。
当時とかなり変わったラスベガスですが
嬉しくなってここで子ども達も記念撮影。
まさか、ラスベガスで子連れで再び同じ場所で記念撮影するようになるとは
夢にも思わなかった。。

ショップ内では無料ショーのアトランティスを見ました。
神々の後継者争いの様子が描かれます。
まず、普段はこうなっている像がひっこんで・・・
IMG_0561.jpg
大神が中心上方に登場です。
IMG_0563.jpg
そして(私の勝手な解釈ですが。笑)
水の女神と火の神が登場し噴水、炎、レーザー光線のオンパレードです。笑
IMG_0569.jpg

IMG_0570.jpg

このショーは前回のフェスティバルファウンテンと違い
正面を陣取った方がよく見えると思います。
あちらは人形もグルグル回りますが
こちらは固定ですので。。。


ショーを堪能した後は「アイスが食べたい!」という息子のリクエストで
近くのアイスクリーム屋さんへ
IMG_0581.jpg
「へぇ~~きれいね~」
と値段も見ずに買ったら
(だって観光地だから高いだろうとは思ったけど、たかがアイスって思いません?)

な、なんと一個$16!!!!ヽ(ヽ>ω<)ヒイィィィ!!
(このアイスクリームのケースには値段の表示がなく
お金を払うレジに回り込んで、やーーーっと小さな価格表がありました。)

ラスベガス旅行で一番忘れられないのはこれかもしんない・・・。(;´д`)トホホ
IMG_0584.jpg
確かにジューシーで美味しゅうございました・・・。
(てか、不味かったら許さん!!!!)
二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓



banner2.gif











 ラスベガス旅行記4 夜歩き
2009年01月04日 (日) | 編集 |
さて、またまた旅行記に戻ります。

グランドキャニオンツアーは朝が早かった分
ラスベガスには昼過ぎには戻ってきました。

ちなみにシカゴ~ラスベガスは-2時間の時差
ラスベガス~グランドキャニオン(アリゾナ)は+1時間の時差。
ツアーはラスベガス時間(PST)で表示、指示があるのですが
普段、時計代わりに見ているケイタイは自動で電波を取ってしまうので
ちょっとややこしかったです。笑

次のホテルにチェックインして戻り疲れきった私たちはお昼寝に突入

目覚めた頃は薄暗く、
夕飯がてらの夜歩きとなりました。
っても5時には暗いんですがねーー。
あと、あんまり遅くなるとシカゴに戻ったとき
たかだか2時間ですが時差がキツクなるしーー
(と思ってはいましたが、娘の病院であっという間に時差ぼけ解消しました。苦笑)

中心の通りLas Vegas Blvd.(通称ストリップ通り)を歩きます。
前回の「サーカスサーカス」はこの通りにあるのですが
中心(フォーコーナー)からは離れているので歩くには不便だったのです・・・。
今度のホテルは「モンテカルロ」なので中心に近く
観光にはうってつけです
(なぜここにしたか?はまた後日)

まず向かったのはパリス(Paris)
名前の通り、館内丸ごとパリがテーマです。
IMG_0518.jpg

手前に凱旋門がありました。
IMG_0519.jpg
ココに着た目標は「エッフェル塔」の展望台から夜景を見ること
IMG_0520.jpg
寒かったけどきれいでした~~
IMG_0527.jpg

IMG_0526.jpg

おまけにここは噴水ショーで有名なべラージオ(Bellagio)がまん前で
展望台から噴水ショーが見れます。
下から見るのとまた違った美しさでした。
IMG_0525.jpg


さて、ここを降りたら息子が楽しみにしていた
ミラージュ(The Mirage)の火山噴火ショーです。
これはしばらく休演していたそうで、この年末から復活したそーです。
ラッキ─*。+゚(`・ω´・+)b゚+。*─ッ!!!

IMG_0529.jpg
こーんな普通の岩山が・・・
IMG_0534.jpg
火を噴出して溶岩が流れ出します。
IMG_0535.jpg
周りは暑いくらいの熱気となりました。
すごいなーーー。

余談ですが、我が家の子ども達
volcanoが日本語で「火山」だと、やーーーっと理解したようです。
日本人が多い現地校に通っていても
単語が英語先行になってしまうようで・・・。
これが日本人の少ない地域での駐在で
日本語の維持ってのはとーっても難しい、親子で相当の努力がいるのだろうな・・
と、この頃は痛感しています・・・。


大自然のグランドキャニオン
砂漠の中の人工都市ラスベガス
対照的な二つですが
両方ともが「今のアメリカの姿」のように私は思えます。
昔は夜に飛行機でラスベガス入りをして
「宝石箱をひっくり返した」ような夜景に感動しかなかったのですが
時代も変わり(苦笑)子持ちになって再びやってくると
「きれい~~~」だけの思いだけではなかったですね。


旅行記はもうちょっと続きます。
呆れずに遊びにきてくださいね~~~(人^ω^)おねがい(^ω^人)


二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓



banner2.gif











 ラスベガス旅行記3 グランドキャニオン
2009年01月02日 (金) | 編集 |
今日は一部内容がAtsuko Styleとコラボになります。

実はウチと数日違いでラスベガス入りする予定だったAtsukoさん一家。
こちらはレンタカーでラスベガス~国立公園めぐり~LAの旅の予定でした。

ラスベガスの宿泊予定も同じ「サーカスサーカス」で
グランドキャニオンのツアーが天候不順で延期になった時点で
Atsuko さんに電話しました。
Atsukoさん一家は車ですし、充分気をつけたほうがいいよ。
ホテルは激混みだよ~~と連絡をしたわけです。

実はウチもオットがレンタカーで行きたがったのですが
標高2000メートルを超えるグランドキャニオン、冬場は相当危ないらしーのです。

で、昨日書いた飛行機からは、まーーーしろけっけの壮大な一本道が見えて
「こりゃAtsukoさん大丈夫かな~??こんなとこでスタックしたらお終いだなーー」
とか思っていたわけです。

飛行場について飛行機から降りたら一部滑走路が凍結しています。
IMG_0496.jpg

ここからバスに乗ってビューポイントに向かいます。
日本人ガイドさんもいました。
そこで「今日は2週間ぶりのフライトでした。度々の天候不順というのはあるのですが
2週間連続というのは珍しく皆さんラッキーですよ」との説明。
ひーーーー。そうだったの??やっぱ山(?)を甘く見ちゃイケマセン。。
と思っていたらAtsukoさんから電話。
「おはよ~~~どうした?」
「あのねーーー実はフライトキャンセルになっちゃったの・・」
「え??リレーじゃなくって??」
「うん。完全にキャンセル」
「振り替えは?]
「月曜日になっちゃったから(この日は土曜日)全部予定が狂っちゃうじゃない?」
「うん。そーだね」
「だから月曜日からフロリダにした
「はへ??そっかーー、でもそっちの方が良かったかも?
上空から見た道もすごかったし、今も2週間ぶりのフライトだって説明受けてたのよ」
「え~?!そうだったの?!じゃ南でよかったのかも」
「そうだよね・・。ちょっと寂しいけど、これは車では厳しかったかもしれないね」
と電話を切ったのでした。。

バスの中で色々説明をうけ
(アメリカ人ドライバーと日本人ガイドが交互でマイクを持つのですが
びみょ~~~に説明が違っていたりしたのは笑った。。
ま、ガイドさんは日本人向けに話しているのでしょうがね。笑)

興味深かったのが、国立公園内に学校があって
ここは月曜日から木曜日の週4日制。
理由は一番近くの町まで180キロあって、週末の買出しも泊りがけになるからだそーです。
すげ~なーーアメリカ。
だから保存食や冷凍食品が発達するわけよねーーー。

そうのこうのでサウスリム(南壁)に到着
ノースリムの風景を見ます。あちらは標高2500メートルだそうです。
IMG_0510.jpg
田舎育ちのせいか、あまり自然には感動しない私でも
これは文句無く「地球ってすごい!」と思いましたわ。。
上の写真の雪の下のちょと赤くなっている層は昔は砂浜だったとか・・・。
IMG_0508.jpg
IMG_0498.jpg

ここから見えるエルトバ(EL TOVAR)ホテル
IMG_0502.jpg
歴代大統領や日本の皇族も宿泊した4つ星ホテルです。
なぜ5つ星じゃないか?というのと「プールがないから」だって。笑

ホントはこの次はMather pointに行く予定が凍結で閉鎖されているとの事。
残念!ここが一番楽しみだったのにーーー。
でもちょっとでも見れただけ良しとしなければ・・ね。。
ちなみに、このMather point、日本語ガイドなんかで、たまーーに
「マザーポイント」と訳してありますがマザーはMotherなので
「マーサ」が正しい、もしくは近いと思います。笑

あとねーー、今ちょっと問題になっているのが
ウエストリム(もしくはグランドキャニオンウエストとも言います)にスカイウォークというのができて
ここだけ行くのに「グランドキャ二オンツアー」とうたっているものがあります。
パンフレットを抜粋しますと
IMG_0647.jpg
ウチの行ったツアーより$50くらい安いんです。
その理由は簡単。
ウエストリムってのはこのサウス、ノースリムより100キロも下流で
ラスベガスから近いからツアー会社にとってラクだから。
このスカイウォークに行きたい!というのなら
話は別ですがグランドキャニオンを見たいのなら
やはりサウスリムまでは行くべきでしょうね。

とはいえツアーで忙しく、そしてビューポイントも一ヶ所しかいけなかったので
今度は車で泊りで行って朝日や夕日を見たい!と思ったのでした・・・。

追記
バスで昼食のレストランについて降りるとき
前の席にいたフランス人男性が上着のポケットからカメラを落としました。
私が肩を叩いて「このカメラはアナタのではありませんか?」
と一応英語で(苦笑)話しかけました。
・・・ら、返ってきた返事は

「メルシーボクゥ」

・・・フランス人ってぜーったい英語を話さないってホントだったんだーー
と実感した出来事でした。ちゃんちゃんァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、



二つのブログランキングに参加しています
ワンクリックずつお願いします↓↓



banner2.gif






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。